人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.10

がんばったジブンへのご褒美に!男を格上げする傑作レザートート6選

トートがオフィスワーカー向けに提案され始めたのは2010年頃から。本来はキャンバス素材を主体にしたカジュアルバッグだがそれゆえに、立ち位置はジャケパンなどのビジネスカジュアル用。遊び心が生かせるジャンルでもある。

◎トート選びのポイントはネクタイに合わせた色遊び

編集ワタナベ ビジネストートは、秋冬に売り上げがグンと伸びるそうです。理由は明白で、コートとグローブが欠かせなくなるから。装いが窮屈になるこの時期は、荷物の出し入れがしやすく、肩掛けもできるトートの利点が十分生かせます。

スタイリスト嶺井 定番は上品に持てる縦長型。トレンドは横長型だけど、ビジネストートが定着したことで、色にも変化が起きている。これまでのような黒一辺倒ではなく、エンジやターコイズブルーといった色。今回紹介するモデルでいうと、「ディスティニーズ ディメンション」がそうだね。

編集ワタナベ ターコイズブルーはコーディネートが難しい色に見えますが、攻略のカギはビジネス小物ですかね。

スタイリスト嶺井 そう。例えば、ネクタイで合わせるとか。ビジネスでは定番のレジメンタルストライプから色を拾えば、簡単に統一感を演出できる。そういう楽しみ方ができるのも、カジュアルが出自のトートの魅力だね。

レザートートバッグ

【A】使い方だけでなく見え方も変わる〝遊べる〟3WAY

ランバン オン ブルー 3万4000円
縦34×横40×奥行き9cm、重量1.7kg

シボ感のある上質なイタリア産レザーとスエードを使用。長めのハンドルで肩掛けもしやすい。大ぶりなフラップの出し方でトート風、ハンドバッグ風、ショルダーバッグ風と3通りの使い方が楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ