人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.08

糖尿病患者、その予備軍に光明!?痛みを伴わず血糖値が2週間測れる『FreeStyle リブレ』

 生活習慣が原因の生活習慣病

 かつては「成人病」と呼ばれてました。

 生活習慣病の中でも、特に死亡リスクが高い疾患が「糖尿病」と言われています。

 炭水化物(糖質)を体内に摂取すると、消化されてグルコース(ブドウ糖)となり、血液を通して全身に渡り、エネルギーの源となります。

 通常は、血糖値を下げるホルモン「インシュリン」が適正に働く事により、正常な血糖値を維持して健康を保つ事が出来ますが、肥満や運動不足、ストレスなどの理由でインシュリンの分泌量や働きが悪くなった場合、血液中のグルコース濃度が極度に高まり、以下の症状を引き起こします。

●手足のしびれ
●口渇
●多尿
●多飲
●糖が排出されることによる尿の泡立ち

 糖尿病が悪化すると、体内の微小な血管が破壊され、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などを発症し、癌になりやすくなります。

 糖尿病患者は全世界で約3億4700万人いると言われており、症状が悪化すると余命が約10年は短くなるのではないかと言われている、とても恐ろしい病気なのです。

 さて、糖尿病かどうかの判断は、血液検査を行い、

●空腹時の血糖値が126mg/dL以上、
●HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー。過去1~2か月の平均血糖値に相関する検査値)が6.5%以上

 の場合、糖尿病と診断されます。

 治療方法は、まず食事療法でカロリー制限を行い、併せて運動療法を行う事により、ブドウ糖の利用を促進して血糖を下げる事を試みますが、それでも血糖値が正常化しない場合は、経口血糖降下薬(飲み薬)による治療が行われます。それでもダメならインシュリンの自己注射となります。それでもダメなら人工透析となります。

 インシュリンの自己注射の場合、必要になるのが「血糖値の自己測定(SMBG)」です。

 インシュリンの自己注射は、投薬量を決める為に、都度の血糖値測定が必須となります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ