人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.08

「青魚を食べると脳がやわらかくなる」ってホント?

■神経細胞膜の脂肪が不足すると頭の回転が鈍くなる

 脳は私たちが毎日摂取するエネルギーの20%を消費する。つまり脳を快適に働かせるためには食べ物が大切だということ。

「中でも重要なのが脂肪です。脳内には1000億個もの神経細胞が詰まっていますが、この神経細胞の情報伝達部分の膜は、脂肪でできています。この膜がやわらかいほど柔軟性に富んだ脳になり、脂肪が不足すれば情報のキャッチボールがうまくいかず、頭の回転が鈍くなってしまいます」(医学博士・生田哲氏)

 意識して摂りたいのは、必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6。これらは、食事からしか摂取できず、やわらかい脂肪の代表でもある。

「オメガ3はサンマやサバ、イワシ、サケ、マグロなどの青魚に。オメガ6はコーン油やベニバナ油、ヒマワリ油などに多く含まれています。青魚には脳の発達に欠かせないDHA(ドコサヘキサエン酸)も多いので、週に最低1回は食べたいですね。脳のベストなエネルギー源は、燃料となるブドウ糖を血液中にゆっくり放出するスローリリースな食品。野菜やキノコ、海藻類、大豆、魚介類、玄米ご飯などがそうなので、意識して食べるようにしてください」

geek4200-300x2251

 

 

■医学博士・生田哲さん

カリフォルニア大学での研究活動、イリノイ工科大学助教授(化学科)を経て帰国。近著に『青魚を食べれば病気にならない』がある。

◎青魚のやわらかい脂肪が脳の伝達物質をうまくキャッチ

神経細胞のつなぎ目であるシナプスの膜がやわらかいと、隣接する神経細胞から放たれた伝達物質をうまくキャッチできる。脳をやわらかくするためにオメガ3やオメガ6が有効。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ