みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >利用しているポイントサービス1位はT…

利用しているポイントサービス1位はTポイント、貯めやすいポイント1位は?(2017.12.07)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本初の共通ポイントカードとして「Tポイント」が誕生したのは2003年。今では提携店舗約72万5000店、会員数6373万人に成長している。
モバイルリサーチを展開するネットエイジアは、そんな「日本人のポイント活用に関する調査」をインターネットリサーチにより実施。その回答を集計して発表した。

まず、全回答者に利用しているポイントサービスを聞いたところ、1位は「Tポイント」(69.7%)、2位「楽天スーパーポイント」(54.0%)、3位「Pontaポイント」(51.3%)、4位「Amazonポイント」(26.7%)、5位「nanacoポイント」(25.0%)となった。いわゆる“共通ポイント”がよく利用されているようだ。
日本人のポイント活用に関する調査

男女別にみると、男性では、「dポイント」(25.0%)が5位、女性では、電子マネー「WAON」のポイントサービス「WAONポイント」(27.8%)が4位となった。
年代別にみると、20代は、30代・40代とは異なる傾向がみられ、20代では、「Pontaポイント」が2位(52.9%)となった他、「Amazonポイント」(34.2%)や「LINEポイント」(22.5%)の利用率が30代、40代に比べて高くなっている。

日本人のポイント活用に関する調査

次に、各ポイントサービスの貯めやすさ満足度(※)についてみると、1位は「楽天スーパーポイント」で71.3%、2位は「Tポイント」で66.5%、3位「Pontaポイント」(44.6%)、4位「dポイント」(43.7%)、5位「JALマイレージバンク(日本航空)」(43.3%)となった。利用率では2位だった楽天スーパーポイントがポイントの貯めやすさ満足度では1位となった。
※各ポイントサービスの利用者が“このサービスはポイントを貯めやすい”と評価した割合

日本人のポイント活用に関する調査

では、ポイントを貯めるシーンの中でも、“普段の買い物”や“ポイント交換”に絞って評価をみると、貯めやすさ満足度はどのようになっているのだろうか。
まず、“普段の買い物”での貯めやすさ満足度をみると、1位「Tポイント」(62.7%)、2位「楽天スーパーポイント」(54.0%)、3位「WAONポイント」(42.2%)、4位「Pontaポイント」(40.0%)、5位「nanacoポイント」(38.0%)となった。共通ポイントサービスや電子マネー系のポイントサービスの満足度が高いようだ。

日本人のポイント活用に関する調査

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。