人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

痴漢のえん罪対策に「弁護士ヘルプコール付き保険」は適用される?

2017.12.07

◎加入動機の1位は「人生・仕事・家族へ大きな影響が出る」という理由から

 2017年8月現在、「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」の有効契約数は約5500件だという。加入者382名に対する「加入動機」についてのアンケートも行われたが、その結果もなかなか興味深い。

 1位に選ばれたのは「痴漢冤罪事件に巻き込まれると、人生・仕事・家族へ大きな影響がでるため」という理由で回答者全体の75%。やはり、報道が増えてだいぶ認知された印象もあるが、たとえ自分では心から「やっていない」と訴えても、逮捕から勾留されたのち、裁判所で有罪とされてしまうケースもあり、生活のすべてを失いかねないという懸念が広まっていることもうかがえる。

 では、その懸念に応える「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」とはどういった商品なのか。月額590円と他のあらゆる保険商品と比べると割安な印象も受けるが、詳細を杉本氏は解説する。

「インターネットからの加入のみで、支払いはクレジットカードやコンビニ払いとなります。加入手続きを済ませると、お客さまの端末へ専用URLが記載されたメールが送られます。万が一の場合には、サイト上のボタンをクリックすることで、いっせいに弁護士の携帯電話へメールが送信され、対応可能な弁護士から返信が届きます」(杉本氏)

 メールには弁護士の電話番号が記載されているため、現場で加入者から弁護士へ電話をすることが可能。また、対応できる弁護士が付近にいる場合は、現場へ急行してくれる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。