人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.07

ダイハツが提案する通所介護事業施設向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」

 厚生労働省が発表した最新の介護保険事業状況報告(2017年8月暫定版)によると、日本の介護保険制度加入者のうち第1号被保険者数(65歳以上)は約3462万人。その中で要介護認定者数は639.2万人と、全体の約18%を占めている。

 要介護認定には介護度の低い順から要支援1~2、要介護1~5の分類があり、認定されることで各種介護サービスを、介護保険支給限度額に応じ受けることができる。そして比較的軽い介護度の人は、日頃の生活は自宅。週に1~2回の割で通所介護や通所リハビリを利用するケースが多く、送迎は施設側が行っている。

■介護分野における送迎の難しさとは

 送迎は介護や支援が必要な高齢者にとって、なくてはならない存在だ。しかし、利用者が多い施設ほど、次のような悩み事がある。

・使用する車の大きさと台数
 大型車は効率良いが、狭い路地に入っていけない。かといって小さな車が増えればそれだけ人員が必要。

・効率のよいルート設定
 毎回同じ人が乗るとは限らない。送迎に長時間かかると利用者に負担がかかる。できるだけ短くしてあげたいが、慣れた人しか最適ルートを作ることができない。

・乗り心地
 体への負担を減らし、リラックスしてもらうため詰め込みすぎは避けたい。

・急なキャンセルの対応
 介護が必要な高齢者にはよくあること。自宅に行き、初めて「調子が悪いのが休む」というケースも。迎えの途中にキャンセルが入ると、ルートも設定し直す必要がある。

・利用者同士の相性
 家は近いけれど、〇〇さんとは仲が悪いので同じ車に乗せたくない。

・送迎の記録にかかる手間
 法により記録をしなければならない。

 このような問題を解決しようと、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)が開発したのが通所介護事業施設向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ