人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.07

飲んで納得!サッポロの限定モノ発泡酒の驚きのコスパ

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『飲んで納得!サッポロの限定モノ発泡酒の驚きのコスパ』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 2年ほど前から、家で晩ご飯の日は、1日1本、「飲んだことがないビールを飲むしばり」をしているので、年間に200種ぐらいになる。

 コンビニでメジャー系のビール(発泡酒系も含む)を見ると、まずは1度飲んでおかねばと思いつつも、これはどう見ても飲まなくてもいいよね、という銘柄は買わない。いい悪いではなく好みの問題として、明らかに<ライトボディ><ドライ><のどで飲む>という打ち出しがわかれば、2度目を飲むことがないのは確実なのでまあいいだろうと。

 一方、エール寄り、クラフト寄り、というか、コク、旨味、ホップ、モルト、アロマ、といったキーワードが見えていれば、即購入。と言っても、さほど期待はせず、まあ一応、仕事のつもりで、という感じ。飲んでみたら、そんな予想通り、可もなく不可もなくとなることが多い。この連載用に、写真撮って、チャート付けて、としないことも多く、それはつまり紹介するほどのビールではないだろう、ということ。

 と言っても何もメジャー系がよくないわけではなく、ビールの歴史浅く、まだまだピルスナーしか知らない人が多い日本のビール市場でビッグビジネスを進めているのだから、急に攻め攻めのクロウトっぽいビールに切り替えられないのも当然。近年、四大メジャーメーカーは、限定モノで少しずつ目先を変え、日本のビール民度向上に貢献していると実感している。

 そんな中、最近コンビニで買った2種の発泡酒が出色のデキだったので紹介したい。1つはコク系、1つはフルーツ系で。たまたま両方、サッポロだった。

 まずは、これ。

麦とホップ 彩のモルトセッション

そもそも、僕が現在買い置きしている常飲ビールは、カインズホーム「黄金」なのだが、

価格と味は正比例しない!激安なのにおいしいカインズの絶品ビール『黄金』(2016.03.25)

その前は、麦とホップだったぐらいで、メジャー系発泡酒の中では一番の信頼感がある。そこに、<〜2種の濃色麦芽と小麦麦芽が織りなす、美しいブラウンとなめらかな飲み口が特長〜>とくれば、期待が高まった。そして、その予感通り大当たり! インプレッションは後述。

もう1つはこれ。

ルビーベルグ

3年半前に出たのが、ネーミングでおわかりのように、ベルジアンホワイト意識で出た、これ。

ホワイトベルグ

好評だったのか、同様に<ベルギービールインスパイア的>ということのよう。

まあ、ベルギービールのフルーツビールなら、たとえば、ブーンクリークなどに比べると、酸味が弱く、ホワイトベルグ同様はっきり言ってものたりないですが、様々な趣向で新作を出していってもらえるのはうれしい。

ホワイト→ルビー、ときて次は、ランビックベルグ……なんて無理だろうなあ(笑)。

 どちらも、発泡酒ジャンルだし、この味わいでこの値段ならかなりハイコスパ! 年じゅう、同じメジャー系ピルスナー飲んでるぐらいならぜひこのあたりを。

 ということで、インプレションとチャートをどうぞ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ