人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.07

美を創出して生きるミャオ族の文化に触れる「ミャオ族の刺繍と暮らし展」

日本最高の知性と呼ばれた小林秀雄は、以前、小学生、中学生たちにこう語りました。「すみれの花を、黙って、一分間眺めてみよう。諸君は、どれほどたくさんなものが見えてくるかに驚くでしょう」(『美を求める心』新潮社刊より)

花の名前がわかった瞬間に、花そのものを理解しようとする意識がなくなってしまうことを知っていた小林秀雄は、子供たちにすぐに記号に置き換えないで、黙ってすみれを見ることを伝えようとしました。

現代は、インターネットで調べればすぐさまビジュアルも歴史も一目瞭然、一瞥して情報を処理することが多くなっていますが、12月10日まで三軒茶屋の「生活工房」で展示されている「ミャオ族の刺繍と暮らし展」は、黙って一分間、眺めて欲しい展示です。


お祭りの正装「百鳥衣」


黄とピンクの刺繍で埋めつくされた藍染めの服(部分)

ミャオ族は、中国西南部の山岳地帯に暮らす少数民族で、山あいの棚田で稲を育て、お祝いの日には餅を作り、納豆も蕎麦も食べ、漆を使い、麹で酒を醸します。自然のすべてを神として崇拝し、祖先の霊を祀って生活する文化は、日本人の心の原風景とよく似ています。最近までずっと文字を用いず、歌と刺繍などで神話や文化を伝えて来た、というあたりは、太安万侶が稗田阿礼から古事記を聞き書きした頃の日本の文化を思い起こす人もいるかもしれません。元々は揚子江流域に住んでいたミャオ族は、秦の始皇帝の時代に戦に敗れて次第に山岳地域に住むようになったと言われますが、今も急峻な山あいで棚田の文化を維持していることに、驚きます。


梅影村の歓迎祭りに参列する村人たち(写真:佐藤導直)


棚田の稲刈り(写真:佐藤雅彦)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ