人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんな時どうする?WordやExcelでイラッとした時の解決法

2017.12.06

■Excel編

◎セル内に長文を入れる際に改行ができない

 表計算ソフトとして知られるExcel。しかし、中には報告書などを作成するのに使っている人たちもいるのではないだろうか。データをリスト化する場合に、備考欄代わりにものごとの詳細を書き込む場合もあるだろうが、そんなとき、悩ましいのがこちらの問題。Wordのように改行しようとEnterキーを押すと、セルを移動することになってしまい、また元のセルを選び直すという2度手間に陥るときもある。

<その解決法は?>

WordやExcelでイラッとする瞬間とその解決法

 これについては、ショートカットキーで解決。標準の設定であれば、Windowsの場合は「Altキー」、Macの場合は「commandキー+altキー」と共にエンターキーを押せば、セル内の文中で自由に改行ができるようになる。また、ウインドウ上部の「配置」にある「折り返し」からは、セルの幅を超える文書の場合に、自動で折り返しを調整してくれる「折り返して全体を表示する」と、セルの幅を固定したまま文字サイズを調整してくれる「縮小して全体を表示する」を選べるため、Excelでの文書作成時にはこちらも使いこなしておきたい。

◎以前の入力結果が勝手にセル内へ挿入される

 様々なデータを整理する場合に、似たような言葉を並べる機会もあるだろう。例えば、作成するリスト中で「カレーパン」と「カレーライス」を異なる行もしくは列へ入力したいときに、過去の入力結果を勝手に識別。流れでエンターキーを押したら「カレーライス」であるべきところに「カレーパン」が表示されて、「いちいちカレーに反応するなよ!」と言ってやりたい気持ちにも駆られる。

<その解決法は?>

WordやExcelでイラッとする瞬間とその解決法

 この原因は、Excelの「オートコンプリート」機能によるもの。「環境設定」から「オートコンプリート」を選択して、「オートコンプリートを使用する」のチェックを外せばすっきりと解決できる。

 さて、WordやExcelのイラッとする瞬間をテーマに、いくつかの解決策を提案してきた。日頃から使っているみなさんにとっては、おそらく他にもたくさんの事例があるだろう。多機能で便利な半面、おせっかいな機能によりストレスを感じたり、無駄な時間を取られてしまっては本末転倒である。いま一度、効率よく仕事を進めるためにソフトの環境を見直してもらえればと願う。
 
文/カネコシュウヘイ

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。