人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.06

高濃度のプラズマクラスターイオンを発生するシャープの加湿空気清浄機『KI-HP100』

シャープは室内のイオン濃度を従来の高濃度タイプ『プラズマクラスター25000』の約2倍(約5万個/cm3)まで高めることで、「ストレスがたまりにくい」「集中を維持しやすい」環境をつくることを実証した『プラズマクラスターNEXT』搭載の加湿空気清浄機『KI-HP100』を2018年1月25日より発売を開始する。価格はオープン価格。

まず新開発の「第10世代イオン発生ユニット」で生成した高濃度のプラズマクラスターイオンを、体が小さくても遠くまで飛翔できるテントウムシの羽根形状を応用した「新ネイチャーファン」で効率的に送り出し、新たに採用した3方向気流制御方式で部屋のより広い範囲に届けることで、室内のイオン濃度を従来の高濃度タイプ『プラズマクラスター25000』の約2倍(約5万個/cm3)に高めた。同社ではこれにより、新たに「ストレスがたまりにくい」「集中を維持しやすい」環境をつくることを実証した、と説明している。

また、新たにニオイの元となるニオイ原因菌の除菌効果を実証したほか、付着ウイルスの作用抑制、タバコの付着臭の消臭、除電効果のスピードがアップするなど、空気浄化性能も高まったという。

新たに人感センサーを搭載することで、部屋の空気を徹底的に浄化する「効果実感モード」をさらに便利に使用できる。人が不在の時はプラズマクラスターイオンを集中的に放出するなど部屋を徹底的に浄化し、人が在室時には運転音を抑えたモードに自動で切り換わることで、帰宅時にはきれいになった空気を実感しやすくなった、と同社ではコメントしている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ