人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.06

管理栄養士に聞く年末年始の胃もたれ防止メニュー

年末年始といえば、クリスマスパーティーや忘年会、新年会などのイベントが目白押しだ。さまざまな料理が楽しめるものの、食べ過ぎて、胃もたれを起こした経験はないだろうか。

そんな胃もたれを起こしがちな年末年始の時期、食事によって胃もたれを予防・対策する方法を管理栄養士に教えてもらった。

■胃もたれしやすい食事とは?

胃もたれしやすい食事といえば、真っ先に思いつくのが“揚げ物系”。他にはどんなものがあるのだろうか。管理栄養士のこざわさなえさんは次のように教える。

「胃での滞留時間が長いと胃もたれを感じやすくなります。多くの食べ物は2~3時間ですが、油が多いものやタンパク質のもの また、食べる量が多い場合、消化に時間がかかり、さらに滞留時間が長くなります。

その他、便秘などで腸が消化物を拒否した場合も、胃もたれを感じることがあります。胃もたれの症状が続くようであれば重篤な病気が隠れている場合もあるので医療機関の受診をおすすめします」

■胃もたれしにくい食事とは?

では実際、胃もたれしにくい食事にはどのようなものなのだろうか。クリスマスパーティーや忘年会などでは意識して選びたい。

「消化の良い温かいメニューがおすすめです。寒い冬は体が冷えています。体温が低いと血流が悪くなり、胃の働きが低下することで、食べ物の胃の中での滞留時間が長くなります。鍋なら、野菜たっぷりの『豆乳鍋』。お肉が食べたいなら『水炊き』がおすすめです。最後のシメは『雑炊』か『うどん』で。満腹感も得られます」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ