人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.06

本当に必要?入院・医療保険を選ぶ時のポイント

 自身の身に何かあった時の備えとして、生命保険と並んで人気が高いのが医療保険や入院保険。しかし、これらの保険は本当に必要でしょうか? 入院すれば1日1万円もらえるというものが一般的ですが、その1万円を得るために毎月払っている保険料はいくら? また、実際に何年に一度、いったいどれくらいの期間、あなたは入院するのでしょうか? あらためて考え直してみませんか。

■健康保険はスグレモノ!

 まず入院保険について。

 結論から書くと、「本当にそこまでして必要かな?」というのが私の本音です。というのも、健康保険はじつはかなり手当が充実した保険で優秀な制度なのです。

 医療費の3割負担は誰でも知っていることだと思いますが、さらに高額療養費制度というものが付帯しています。これは所得や年収によって変わりますが、1か月の医療費が一定額を超えた場合(一般的には約10万円)、3ヶ月まではその超過分が補助されるというもの。ちなみに4か月目以降は自己負担額は半額(一般的には約5万円)に下がります。

 さらに会社員であれば、厚生年金保険に傷病手当が含まれています。休業から1年半までは給料の6割を保証してくれますし、さらに付加給付が定められている会社も少なくありません。このあたりは就業規則を確認してみましょう。

 このように、すでに入っている保険で充実した保障が得られているのです。

■意外と少ない入院日数

 厚生労働省が発表した「平成26年 患者調査」によれば、国内の平均入院日数は31.9日。ただし、これは0歳から75歳以上のすべての年齢を均したもので、統合失調症(平均546.1日)やアルツハイマー病(平均266.3日)なども含まれています。ちなみに現役世代の35~64歳の平均入院日数は24.4日、さらに若い15~34歳は12.0日。いまは点数制度の変更などもあって、病院は長期入院をさせない方向になっています。つまり、今後さらに入院日数は短くなっていくことが予想されるのです。

 そんな時代にあって、入院保険に毎月5000円や1万円を支払うのは、果たして合理的といえるでしょうか? 5000円の保険料でも、1年間で払い続ければ総額は6万円になります。

 さて、あなたはこの数年間に何度入院しましたか? もしも3年間18万円を支払い続けても、入院しなければ何もならない。掛け捨てであれば1円も残らないのです。

 それならば、たとえば入院などの「万が一用」として、銀行口座を作り、毎月5000円を積み立てていった方がまだ良いのではないでしょうか?(これはたとえばの話。他にもいろいろと方法はありますが、それはまたの機会に紹介します)

 さらに忘れてはいけないのが、保険金をもらうためには入院証明書や診断書を病院で書いてもらう必要があるということ。これらは発行してもらうのに、約5000~1万円ほどかかります。しかも、その場で発行してもらえるわけではなく、だいたい2週間~1ヶ月くらいかかる。つまり、結局は入院費用などは先に自分で用立てて支払わなければならないのです。そのために毎月、入院保険を支払いますか? 最初に書いた通り、やはり私は必要ないと思います。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ