人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.06

女性の3人に1人がネット上でセクハラ被害に遭っている!?

セキュリティソフトブランド「ノートン」から、日本人女性に対するオンラインハラスメントの最新調査結果が発表された。調査によれば、対象の約半数にのぼる46%の日本人女性が何らかのオンラインハラスメントの被害にあっていることが判明。また、約3人に1人(32%)がネット上のセクハラを経験していることがわかった。

今回の結果について、シマンテックのノートン事業統括本部マーケティング部 部長の古谷尋氏は、次のように述べている。
「日本におけるオンラインハラスメントは深刻なものになりつつあります。オンラインハラスメントはネットの匿名性を悪用しているため、その実害を把握することは容易ではなく、未届け件数の多さからも、実際の被害は見かけ以上に広がっているとものと考えられます。トラブルを避けるには、ネットユーザー個人が安全とセキュリティを守るために基本的な予防策を講じることが大切です」

■日本人女性のオンラインハラスメント被害への意識と経験
オンラインハラスメント被害の上位3位は、「悪意のあるゴシップやうわさ話」(46%)、「誹謗中傷」(34%)、「セクハラ」(32%)だった。また、10人中8人の女性は、オンラインハラスメントに遭うことを恐れており、「性的暴行やレイプに対する脅迫」(79%)や「殺人の脅迫」(77%)を最も懸念していることが判明した。
セクハラで最も多い被害は「断ったにもかかわらず男性からしつこく交際を迫られた」(31%)、「あからさまに性的な内容を含む不快なEメールを受け取った」(19%)。また、30歳未満の女性の40%がネット上でセクハラ被害を経験していることもわかった。
その一方で、被害にあった人のうち実際に警察に被害届を提出した人はわずか4%。調査対象のほぼ半数(49%)が「無視してやり過ごした」と回答。また、10人に2人(21%)が「どうすればよいかわからなかった」と回答している。

■オンラインハラスメントの影響
オンラインハラスメントは、ネット上の被害だけでなく、実世界への悪影響を及ぼしている。
たとえば「気分の落ち込みを感じた」人は全体の35%、「不安や懸念を感じた」人は33%に上る。さらに「うつや不安神経症を発症した」人が15%おり、そのうち48%が専門家による精神医療を受けている。サイバーストーキングにあった人(12%)のうち、4人に1人(25%)がオフラインで実際の付きまといを経験していることもわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ