人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.05

肌の老化を加速させる3つの習慣

 お酒のつきあいが盛んになる時期を迎え、二次会三次会などでついつい深酒してしまうリスクも増えてくるだろう。深酒は翌日の心身のコンディションを損なうばかりでなく、外見にも少なからぬ悪影響を及ぼす。深酒と喫煙の習慣が“見た目の老化”を加速させていることが最新の研究で明らかになっている。

■過度の飲酒・喫煙が外見の老化を加速する

 デンマーク・コペンハーゲンの循環器系疾患研究機関「Copenhagen City Heart Study」が、コペンハーゲン在住の成人1万1500人以上の健康状態と生活習慣を40年にもわたって調査した研究を先日発表している。

 外見的な老化を判断する指標には、眼球の黒目と白目の境が濁る角膜輪(老人環)、まぶたの目頭の部分の皮膚が黄色くなる黄色腫症、耳たぶに縦の皺が刻まれるフランク徴候、そして頭髪の減少(おもに男性)の4つが挙げられる。調査では人々の健康診断データと生活習慣の問診データに加えて、これら老化を示す4つの徴候も観察・記録された。

 収集したデータを分析した結果、週28杯以上のアルコール飲料を飲み、15年以上にわたってタバコを1日15本以上吸っている男性と女性は、通常よりも人生のかなり早い段階でこの4つの身体的兆候を発症する可能性が高いことが判明した。つまり一定以上の飲酒と喫煙の生活習慣が、外見の老化を早めているのである。


Daily Mail」より

 あくまでも一定量以上のヘビードリンカー、ヘビースモーカーに当てはまることで、適量の飲酒習慣を持つ人々には老化の早まりは見られなかったということだ。また4つの徴候のうち男性の薄毛だけは、飲酒・喫煙との間の有意な関係は見られなかった。頭髪の減少は遺伝的要因とホルモンバランス要因のほうが強い結びつきがあるという。

 そして今回の研究は外見的特徴に限定したものではあるが、老化の徴候は各種の疾病にも関係があるといわれている。例えば耳たぶに縦の皺ができるフランク徴候(earlobe crease)は冠動脈疾患と関連していることがかつて報告されている。

 今回の研究では客観的な生活習慣以外の要因を考慮に入れることはできなかったが、例えば生活におけるストレスの程度なども老化を早める要因になっているとも考えられる。つまり飲酒と喫煙がストレス解消に繋がればその悪影響は低くなっている可能性もあるのだ。とはいえ過度の飲酒、喫煙の生活習慣は見た目にとっても健康にとっても良いことはまずないといえそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ