人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.05

イケメンと美女が社会生活で直面する「美の代償」

 求人の応募条件などで“容姿端麗”は今やNGワードになっているが、現実の選考では魅力的な容姿の人物のほうが採用されやすいのではないだろうか。しかしあるケースにおいては容姿端麗が不利になることがあるという。

■容姿端麗な人物はアルバイト応募で不利?

 一般的にあまり人気のない仕事でも、現在の生活を支え次の目標をめざすために今はそうした仕事に意欲的に取り組もうと考える人々も多いだろう。そしてこうした仕事の求人に応募した際の選考プロセスにおいて、容姿端麗な人物は敬遠されがちであることが最新の研究で報告されている。

「一般的に望ましくないと思われている面白味に欠ける仕事における応募者の選考において、魅力的な容姿の人物は差別されていることが我々の研究で示されています」と語るのはロンドンビジネススクールのマーガレット・リー氏だ。

 研究チームは大学生や現実に各種企業で採用を担当しているマネジャーなど、750人以上の参加者による一連の実験を行っている。ある実験では参加者に顔写真つきの求職者のプロフィールが示され、求職者についての印象を測定するための一連の質問が行なわれた。


Science Alert」より

 その結果すべての実験において、参加者は不人気職種の仕事で魅力的な容姿の人物を雇う可能性が低く、人気職種の仕事で魅力的な容姿の人物を雇う可能性が高いことがわかった。つまり容姿端麗な求職者はマネジメント職、プロジェクトディレクター、IT系などの一般的に人気のある仕事では求人で有利だが、逆に倉庫労働者、ハウスキーパー、顧客サービスなどの一般的にあまり人気のない仕事においては求人で不利になっているのだ。

 これまでの研究では、採用プロセスにおいて容姿端麗な人物はいかなる場合においても有利であることが示唆されていただけに、結果は驚くべきものであると言える。

 しかしながらこれは何も採用担当者が容姿端麗な人物からネガティブな印象を受けているわけでななく、不人気職種の採用においては魅力的な人物は結局仕事に満足しないだろうという予測が強く働くからであるという。つまり容姿端麗な人物を採用してもすぐに辞めてしまいそうな予感がするので敬遠されているのだ。その意味では容姿端麗な人物を決して“差別”しているわけではなく、その端麗な容姿をしっかり評価していることにもなる。そして我々が考えている以上に採用した後に予期される事態もよく考慮して採用を決定してるのである。

 容姿に関係なく人生においては必要に応じて各種のアルバイトなどに従事する期間があったりするだろう。とすれば普通のアルバイト面接では容姿端麗な人物はひょっとすると少し不利なのかもしれない。魅力的な人物の生活の意外な“代償”が明らかになったと言えそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ