みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >「iPhone X」「Galaxy Note8」「V30+…

「iPhone X」「Galaxy Note8」「V30+」冬のボーナスで失敗しないスマホの選び方(2017.12.04)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この冬のスマホは、画面比率が約2:1の縦長有機ELディスプレイ、デュアルカメラ、高い認識精度を誇る生体認証機能を備えたモデルが最先端のトレンド。もっとも話題になっているのが「iPhone X」でしょう。5.8インチの有機ELディスプレイ、1200万画素の広角と望遠のデュアルカメラを搭載しています。奥行きを認識し、暗い場所でも使える顔認証「Face ID」の技術は、iMessageで使える動く絵文字「アニ文字」としても活用されています。


11月3日の発売以来、品薄状態が続いている「iPhone X」。

 Android勢も負けてはいません。今季のトレンド機能を備えているモデルには、ドコモ、auから販売されている「Galaxy Note8」(サムスン製)、おなじくドコモ、auから12月に発売される予定の「V30+(isai V30+)」(LGエレクトロニクス製)があります。また、「Mate 10 Pro」(ファーウェイ製)も日本での発売が期待されています。


内蔵のSペンで手書きメモができる「Galaxy Note8」(左)。「LG G6」で2:1のディスプレイをいち早く採用したLGエレクトロニクス製の「V30+」(右)。

 では、いったいどのモデルを選べばいいのでしょうか。3モデルの気になる機能や違いをざっくりとまとめてみました。

■トレンド機能にも若干の違いあり

 iPhone X、V30+、Galaxy Note8を並べてみると、もっとも大きいモデルは6.3インチ画面のGalaxy Note8、もっとも小さいのは5.8インチ画面のiPhone Xです。V30+は6インチ画面で、この2モデルのちょうど中間。重さもGalaxy Note8が一番重いのですが、次に重いのが実はiPhone Xの174グラム。V30+は158グラムと、サイズの割に軽く仕上がっているのが特徴の1つです。iPhone Xは本体の素材が従来のアルミからガラスに変わったことで重くなりましたが、高級感につながっているとも感じます。

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。