人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.03

東京・有楽町にオープンしたハイエンドサウンドに触れられるスポット『KEF MUSIC GALLERY』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

KEF JAPANは7月21日に東京、新有楽町ビル1Fに「KEF MUSIC GALLERY」を日本初のショールームとしてオープンした。店内は落ち着いた照明に優しく包まれ、同社のハイエンドを含むコンポーネント、カスタムインストールと呼ばれる家屋の壁などにスピーカーを埋め込むサービスの実例、そしてBluetoothなどのWireless技術を使ったニューメディア製品が展示され、そのほとんどが試聴できる。メインのシステムは常に同じではなくローテーションして様々なスピーカーが楽しめる予定。KEFファンだけでなく、ふらっと訪れた音楽好きの若い年代の人々が、いい音を実体験できるようなスペースを目指しているという。

■History

KEFは1961年にイギリス、ロンドン南東ケント州でレイモンド・クックにより創立され、原音再生をモットーに高音質なスピーカーを作り続けている。レイモンド・クックはBBCの設計部門でスピーカー開発をおこない、その後ワーフェデールで働き、オリジナルスピーカーを生産するため独立してKEF(Kent Engineering & Foundr)を興したのだ。1970年にBBCスタジオのモニタースピーカー『model LS3/5A』の生産を独占的に請けおうことで、その名を不動のものにした。さらに、いち早くコンピュータを設計に導入して先進的なスピーカー『model 105』などを製品化した。1988年にNASAで開発された磁性材料「Neodymium-Iron-Boron」を使い同軸2Wayの点音源を実現したUni-Qドライバーを開発。フェライトマグネットの10倍の磁力を持つネオジウムマグネットでウーハーの中心部に搭載する小型で強力なツイーターの製品化に成功したのだ。1993年に初代Qシリーズを製品化。2008年にACE技術を使った高さ2m、4Way7ドライバーのスピーカー『MUON』を発売。2011年には完全点音源スピーカー創業50周年モデル『Blade』を発売した。「KEF MUSIC GALLERY」では『MUON』『Blade1』『Blade2』が展示され、運が良ければその音を聴くことができる。New Media関連製品は試聴だけでなく販売もおこなわれている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ