小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タフでリーズナブルな富士通のスマホ『Arrows M04』は買いか?

2017.12.03

■タフさが進化したM04

防水、防塵に関してはIPX5/IPX8の防水とIP6Xの防塵に対応でM03と変わりないのだが、M04はハンドソープでボディを洗うことに対応している。このおかげで、スマホを汚しても洗ってキレイにすることができる。

そして、MIL規格23項目準拠のタフさを持っている。富士通コネクテッドテクノロジーズ独自の落下テストでは1.5メートルの高さからコンクリートへの落下試験をクリアしているという。

これだけの高さからコンクリートに落としても大丈夫なら、普通の身長の人が使う場合、だいたいのシーンでうっかり落としても無事に済む可能性が高いのではないだろうか?

さらにこのスマホでは画面周囲に0.3mmのフチを立てて、落とした場合などに画面が直接、衝撃を受けにくくなっている。そして、ゴリラガラス3でガラス自体もタフになっている。

 
フチがわずかに高く、落下時などにディスプレイが直接、衝撃を受けにくいようになっている。

そして、内部の両側壁にM03にはなかったステンレスフレームが追加され、曲がりにくく、ゆがみにくくなっている。さらに、内部のフロントホルダという部分の厚みをアップし、ボディ全体の剛性を高め、曲げ剛性を向上させている。このあたりの技術は上位機種のArrowsNXやArrowsBeなどで培った技術を取り入れたものだろう。ここ数年の富士通タフネススマホの技術が普及機レベルにまで投入されたわけだ

今後、富士通はこのようなタフネステクノロジーを自社スマホのひとつのアイコンにしていくのかも知れない。


普通のマイクロUSBだが高速充電に対応している。


ボリュームボタンは独立していて、カメラシャッターボタンにも使える。


背面はシンプルなデザイン。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。