人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.03

光学3倍レンズ搭載!ASUS『ZenFone Zoom S』のデュアルレンズの実力検証

■連載/一条真人の検証日記

最近ではデュアルレンズカメラ搭載スマホが増えた。そんななかで、約1年ほど前に、デュアルレンズではなく光学ズームレンズを搭載することで、広い画角をカバーしたスマホが登場した。それがASUSの「ZenFone Zoom」だ。このスマホは屈折型のレンズを搭載することで、ボディの厚さを押さえ、3倍の光学レンズを搭載しながら、携帯できる厚みに押さえている。

そんなZenFone Zoomの後継機が、最近登場した「ZenFone Zoom S」。Zoom Sはデュアルレンズを搭載。広角25mmのF1.7レンズと望遠59mmの光学2.3倍望遠レンズを搭載し、それ以上の望遠領域もデジタルズームでカバーする。最大望遠はデジタルズームで12倍になる。デュアルレンズ化したことで、軽量薄型化し、携帯しやすくなっているのが特徴だ。


外観は普通のスマホになったZenFone ZoomS。ディスプレイが有機ELでクリアで明るくなった。

■外観

ZenFone Zoomは背面がレザー仕上げで、非常に高級な外観を持つ(実際に価格は高い)のに対して、ZenFone Zoom Sの背面はメタルのマット仕上げで、ごく普通のスマホになった。しかし、時代の流れか、背面には指紋センサーを搭載しているところが大きく異なる。

サイドは背面から回り込んだ形状で、同じくメタルになるのだが、角は柔らかい曲線を描いており、手に優しい。

厚みという面では少し厚くボテッとしているが、これは光学ズームレンズ搭載のせいだけではなく、搭載するバッテリ容量が5000mAhと大容量であるためだ。ちなみにZenFone3の搭載するバッテリが2650mAhなので、その2倍近いことになる。

USB-Cが底部に、そしてボリュームと電源スイッチは左サイドに配置され、ごく標準的なレイアウトなのだが、イヤフォンジャックは上部ではなく底部に配置される。

ちなみに今回、お借りしたのはシルバーだが、ネイビーブラックモデルもある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ