人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.02

飲む前に読む!カラダにいい居酒屋メニューの食べ合わせ

特に暴飲暴食になりがちな居酒屋メニューの中からカラダに効く食べ合わせの名コンビをセレクト! 一方、カラダにいいと思っていた食材も、食べ合わせ次第では〝毒〟になることもあるのでご注意を。

居酒屋メニューで元気になる!カラダにいい「食べ合わせ」大全

◎よく言われる「うなぎと梅干し」は?

 日本では、古くから健康の知恵として相性の悪い食べ合わせがいい伝えられてきた。絶対に一緒に食べてはいけない食べ合わせとして特に有名なものが「天ぷらとすいか」「うなぎと梅干し」だ。天ぷらの油分とすいかの体を冷やす作用によって下痢や胃腸障害を引き起こす前者はまさに最凶のタッグ。しかし、ビタミン豊富なうなぎとクエン酸たっぷりの梅干しのコンビは、現代の医学や栄養学に基づくとスタミナアップと疲労回復に効果のある優等生コンビだった。

 順天堂大学大学院の白澤卓二教授によれば、食べ合わせは毒ばかりではなく、食品に含まれる栄養の組み合わせ次第によっては、体にいいクスリにもなるという。

「相性の悪い食べ合わせは、それぞれが備えるせっかくの栄養を壊し、生活習慣病や体調不良の原因になることもあります。逆に相性のいい食品同士であれば、お互いの栄養が助け合いその相乗効果によって、健康に効果のある食べ合わせとなります」(白澤教授)

 こうした健康的な食べ合わせは、ビジネスパーソンにとって身近な居酒屋メニューでも実践できる。ズラリとメニューが並ぶ品書きの中から、体にいいコンビを注文すれば、健康的な食生活にもプラスになるわけだ。さらに、食べる順番にもこだわり、野菜、魚・肉、ごはんの順に食べると、より健康やアンチエイジング効果が期待できる。


順天堂大学大学院医学研究科
加齢制御医学講座
白澤卓二教授

東京都老人総合研究所神経生理部門室長、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より現職。医学博士。アンチエイジングの著書は200冊を超え、テレビ、ラジオなどでもおなじみ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ