人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.02

美人歯科医に聞く私のとっておきの食事法

美人歯科医師に聞く!「私の食生活教えます!」

世の中のプロ・専門家たちは、普段、どのようなものを食べているのだろうか。おそらく栄養バランスの取れた食事を食べ、パフォーマンスを上げていると予想される。

そこで、本シリーズでは、「食事で、健康や美容のために気をつけていることベスト3」や、「これを食べてれば快調!」といった、健康のために実践している「食べ方」を教えてもらう。

今回は南青山矯正歯科クリニック院長の白石文(あや)先生に、毎日の食生活や気をつけていること、快調フードを聞いてみた。

■普段の食事パターンは?

美人歯科医師に聞く!「私の食生活教えます!」

白石先生は、一日何食、何時ごろ、どんなものを食べることが多いのか。そして、自炊と外食の割合などを聞いてみた。

●食事は一日一食「夜」のみ

美人歯科医師に聞く!「私の食生活教えます!」

「一日一食、夜のみが多いです。朝は9時ころ白湯か水をたっぷり一杯。昼は診療でほぼ食べられません。水分補給のみ。

これは勤務医時代からずっと続いていることですが、まったく苦痛にはなりません。診療が好きですし、時間が経つのはあっという間です。時折、お客様やスタッフの差し入れで、チョコや卵を食べることはあります。開業してからは時間のゆとりが出たので、スタッフに誘われてクリニックのある南青山でランチにいくこともあります。

夜は診療後21時頃からなんでも食べます。ごはんは必ず大盛りです。好きなだけ食べます。男性より食べるかもしれません」

●「アルコール・色の濃い食事・甘いものを控える」歯の健康に気をつけた食事

美人歯科医師に聞く!「私の食生活教えます!」

「審美歯科の歯科医師ですから、歯並び、歯の色、歯周病、虫歯に気をつけた食事をとるようにしています。たとえば歯並びを悪くする歯ぎしりが起きにくいよう、勤務医時代からアルコールは飲まないか、かなり少なめにするのを続けています。

アルコールを摂り過ぎると睡眠時に大抵、無意識で歯ぎしりをします。これにより歯が動いて歯並びを悪くすることがあるのです。付き合いでは飲みますが、飲みすぎると翌日、体も重くなります。

歯の色が染まりやすい色の濃い食事も控えめ。色が濃いということは味も濃いので、塩分や糖分の摂り過ぎにもつながります。コーヒーなども控えめ。歯に色が付きやすい点もありますが、カフェインが含まれているので。

虫歯、歯周病になりやすいものも控えめです。たとえばやはり甘いもの。もともと甘いものは好みでありませんが、糖分はショ糖が含まれないものを食べるようにしています。代用甘味料ですね」

●自炊:外食=1:9

美人歯科医師に聞く!「私の食生活教えます!」

「自炊1、外食9くらいの割合です。自炊は、仕事が早く終わったとき、週一回程度します。自炊でも外食でも、できるだけご当地の、そして旬の食材を選ぶようにしています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ