人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.02

遺伝子タイプで最適なダイエット法がわかるってホント?

この遺伝子タイプにはこのダイエット!遺伝子検査で分かること

今、自分の細胞を採取して得られる「DNA」から、がんなどの病気のリスクや、体質などを知ることのできる遺伝子検査が人気だ。なかには、太りやすさなどが細かくタイプ別に分かることでダイエットに役立てられるものもある。このダイエットのための遺伝子検査のキットを手掛けるDHCの担当者に、遺伝子タイプとダイエット法について聞いた。

■遺伝子検査とは?

遺伝子検査は、文字通り自分の「遺伝子」を調べる検査。そもそも遺伝子とは何なのだろうか。

「遺伝子とは、両親から受け継いだ“体の設計図”であり、一卵性双生児を除いて、一人ひとり異なっています。遺伝子は、人間の体を構成する約60兆個の細胞のすべてに存在します。それぞれの遺伝子は、背の高さや目の大きさなどの見た目だけでなく、運動能力や学習能力、芸術的な才能、性格、食べ物の好き嫌い、病気のなりやすさなど、あらゆる特徴に影響を及ぼしています」

遺伝子を調べることで、自分に合った健康管理、薄毛ケア、肌ケア、そしてダイエット方法など、さまざまなことが分かるのだという。

「人体に備わる遺伝子のうち、約50種ほどが肥満に影響しています。これらの肥満に関連する遺伝子に「変異(塩基の並び方の違い)」があると、肥満につながりやすくなります。日本人の97%は、次の3つの遺伝子のいずれかに変異があることが分かっています」

・β3AR遺伝子:脂肪の分解や燃焼に関わる遺伝子
・UCP1遺伝子:脂肪の代謝や熱の産生に関わる遺伝子
・β2AR遺伝子:脂肪の分解に関わる遺伝子

遺伝子検査では、この肥満に関連する遺伝子のどれに変異があるかを調べることになる。

「日本人は、飢えて死ぬことが珍しくなかった何万年も前の祖先の影響で、飢え死にしないように、食べて得たエネルギーをできるだけ多く脂肪として蓄えようとする体質を身につけたといわれています。このため、日本人はとくに太りやすい民族といわれています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ