人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.02

既婚男女の半数がパートナーに内緒の「へそくり」あり

「国民生活基礎調査の概況」(厚生労働省・2015年版)によれば、妻が非就業者という世帯が687万世帯だったのに対し、共働き世帯は1114万世帯であった。ちなみに2014年では、前者は720万世帯、後者は1077万世帯と、この1年で差はさらに広がっている。

スパークス・アセット・マネジメントは昨年、夫婦の金銭事情や投資意欲と、投資が夫婦生活にもたらす影響を明らかにするため、配偶者がいる全国の20歳以上の男女を対象に、「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2016」をインターネットリサーチにより実施。1000名の有効サンプルを集計した。なお同レポートは、サンプル調査という性質上、実態を全て反映したものではない。また、特定の投資商品や個別銘柄の取引を勧誘する目的で作成したものではない。

夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2016

◆仕事と夫婦円満はトレードオフ?片働き夫婦の円満度は67点、扶養範囲を超える共働き夫婦は63点

はじめに、夫婦仲の円満度と、夫婦のマネー事情についての確認を行なった。配偶者がいる全国の20歳以上の男女1000名(全回答者)に、夫婦の円満度は100点満点中何点か聞いたところ、「80点台」が22.4%で最も多く、「50点未満」や「50点台」がどちらも16.6%で続き、円満度の平均点は全体で66点となった。年代別に円満度の平均点をみると、20代(71点)と60代以上(69点)はその他の年代よりやや点数が高くなった。結婚して間もない新婚夫婦が多いと思われる20代の夫婦や、結婚歴の長い熟練夫婦が多いと思われる60代以上の夫婦は、夫婦円満な関係を築けている傾向にあるようだ。

また、夫婦の就労状況別に円満度の平均点をみると、扶養範囲外の共働き夫婦は63点、扶養範囲内の共働き夫婦は65点、片働き夫婦は67点、その他の状況(夫婦ともに定年退職済みなど)が69点となり、お互いバリバリ働く夫婦ほど、円満度が低くなる傾向がみられた。仕事にかける時間と夫婦の円満度はトレードオフの関係にあるのかもしれない。

夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2016

◆「財布の紐は妻が握っている」6割弱、不仲夫婦の2割は「夫婦別々の財布」を管理

続いて、全回答者(1000名)に、家計の管理の仕方について聞いたところ、「妻が主導で管理」が58.5%、「夫が主導で管理」が26.3%、「夫婦別々に管理」が15.2%となった。半数以上は妻が財布の紐を握っているようだ。夫婦の就労状況別にみると、扶養範囲外の共働き夫婦では「夫婦別々に管理」(27.2%)が他の就労状況の夫婦よりも多くなった。お互いにバリバリ稼ぐ共働き夫婦だと、夫婦で別々の財布を持ち、個別に家計を管理しているケースも多いようだ。

また、夫婦の円満度別にみると、円満度が100点満点中90点以上ある“円満夫婦”では、「夫が主導で管理」が32.6%となり、円満度100点満点中50点未満の不仲夫婦(22.9%)よりも高くなった。円満夫婦は固定的なジェンダー意識にとらわれず、男性が財布の紐を握ることも多いようだ。一方、不仲夫婦では、「夫婦別々に管理」が20.5%で、円満夫婦(14.0%)よりも高くなっている。不仲夫婦は夫婦別々の財布で各々が家計を管理しているケースが多いことがわかった。

夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2016
次に、「お金の悩みを夫婦間でオープンに話し合えている」と思うか聞いたところ、同意率(「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計、以下同様)は75.1%となった。4組中3組は、夫婦のマネー事情について、包み隠さず相談し合えているようだ。夫婦の円満度別に同意率をみると、円満夫婦は89.7%、不仲夫婦は42.2%となった。マネー事情について夫婦でしっかりと共有することは、円満な夫婦関係を続けるために大事なことのようだ。

夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2016

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ