人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.30

神社仏閣だけじゃない!写真家オススメの秋の京都の絶景スポット

「世界で最も魅力的な都市ランキング」などで、いつも上位に位置する観光都市、京都。特に11月からは紅葉の季節となり、この古都の見どころは倍増する。

 今回は、観光情報誌『京都いいとこマップ』のフォトグラファーで、Instagram『kyoto_iitoko』でも活躍中の清水泰人さん、清水耕平さん、樋野樹さんの撮影した写真より、秋の京都の絶景スポットをいくつかピックアップして紹介したい。

■渡月橋

 渡月橋(とげつきょう)の名称の由来は、鎌倉時代に亀山天皇が、満月の晩に舟遊びされた折、月が橋の上を渡るように見えたことを「くまなき月の渡るに似る」と詠んだことにちなむ。

 橋の背景には、秋色が美しい嵐山がたたずみ、毎年11月にはもみじ祭が開催されて一帯は華やかに賑わう。

■かやぶきの里

 千年以上も前から若狭(福井県)と京の都を結ぶ鯖街道として栄えた、京都府の中央に位置する南丹市美山町。自然豊かなこの町の東側に位置する知井地区にあるのが、かやぶきの里。38棟のかやぶき住居は、国の重要伝統的建築物群保存地区に指定されており、美山町を代表する観光スポットになっている。

 ここは春夏秋冬問わず印象深い原風景に出会えるが、11月中旬から下旬にかけての紅葉は特に見どころ。

■鍬山神社

 709年に創祀したという非常に古い歴史をもった神社で、本殿の鍬山宮と八幡宮は京都府登録文化財に指定されている。10月下旬に行われる鍬山神社秋季大祭は、別名『丹波の祇園祭』と呼ばれるほどスケールの大きいもので、祭りの熱気がおさまってしばらくすると、境内は紅葉の時期を迎える。

 鍬山神社は、亀岡市内では有数の紅葉の名所として知られている。境内は、赤と黄のきらびやかな色彩に包まれ、あたかも別世界を訪れた気分になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ