人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.30

ビールと音楽のマリアージュ、オススメの組み合わせ4選

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 前々回、<新提言!ビールと音楽のマリアージュ>の1回目を書いたのだが、自分としてもこれは面白い趣向だと思ったので、この連載でも時折挙げていくつもり。とりあえずは前回に分量が多くて出しきれてなかったビール4種とCD4枚の紹介、ペアリングを。

 

 ここで、ビールと音楽を見立てるという発想の源となっている体験を。

 この連載は小学館のサイトだが、僕のクリエイティブマインドに大きく影響を受けた雑誌企画も小学館の『写楽』(しゃがく)だった。コンセプトは、「音を楽しむように写真を楽しむ」。1980年、高校卒業2年目の時点では芸大浪人生で、まだ編集者にも物書きにもなるつもりじゃなかったのだが、この発想はすごいと思ったページがあった。そこには見開きで大きくサーフィンしている写真が載っていて「このページはこの曲を聴いて見てください」とあった。違うメディアを見立ててつなげるこの試みに、知的興奮MAXになった感覚をいつまでも鮮明に思い出せる。

 その後、自分の著書、音楽を裏テーマにして犬にまつわる短編集のあとがきにそのことを書いたことがあり、読んでくれた編集者が、その企画の担当だった人と懇意にしてると教えてくれた。その方が、『日本国憲法』や『成りあがり』を大ヒットさせた伝説の大先輩編集者で、リスペクトする島本脩二さんだったのだ。その時すでに小学館を定年退職されていたが、その縁からお会いすることになった。すると僕の分類王の著書などを注目して頂いたことなどお聞きし、以来よくして頂くという光栄至極な展開に繋がった。

 そんなことも思い出しつつ、いろいろなジャンルで<これは音楽ならこれだな>と考えるクセがついているようだ。

 ビールと音楽のマリアージュもそこから思いついたというわけ。
 
 ということで、今回の4種のペアリング&インプレッションへ。ちなみに、前回同様、インプレッションストック用で、2本目以降はライトボディが多くなった。

 ★ちなみに、毎週インプレッションに付けている「女性タレント見立て」は、音楽とごちゃごちゃになってややこしく両方ボケてしまうので前回同様ナシで。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ