人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ペットの介護生活の裏に潜むストレスや鬱

2017.11.30

また、獣医療費に加え、犬専用の市販品ばかりで介護グッズを揃えた場合、思ったより高額になって経済的に圧迫してしまうこともあるかもしれない。ましてや、介護状態にある犬は、その状況が日々変化し、この前まで使えたものが今は使えないということもある。

たとえば…

• 床ずれ対策として荷物を作る時に使われる気泡緩衝材(通称プチプチ)を重ねて敷く。

• 足先の冷えやばたつきによるケガ防止に使い古した靴下や切り落としたトレーナーの袖などを履かせる。

• 流動食を食べさせるのにハチミツの空き容器を使用する。

• 歩行補助にバスタオルや使い古した着物の伊達締めのようなものを使用する(犬のサイズや状況によりけりで、圧力が部分的にかかり過ぎる場合は、中に芯を入れるという手も。伊達締めは数100円~2,000円程度の意外にリーズナブルなものもある)。

• 認知症で夜泣きが出ており、小型犬の場合であるならば、近隣への防音対策として、鳴いている間だけ、段ボールの横側の一面のみを開ける状態にし、その中に寝かせる。または、底も切り取って上からすぽっと被せてしまうという方法で、一時的かつ簡易的ながら多少の防音効果は期待できる(ただし、熱中症が懸念される暑い時期には要注意)。

など、身近なものでリーズナブルに対応することも可能だ。状況が許すのであれば、愛犬の状態に合わせて手作りできるものは手作りしてあげるというのも、人によってはストレス解消につながることもあるかもしれない。

介護は、徐々にそうなることもあれば、ある日突然に介護生活が始まることもある。一つのグッズや方法がすべての犬に合うとは限らず、試行錯誤をしながら愛犬にとってのベストを探していくしかない。

そんな介護生活を、愛犬のことが大事だと思う多くの飼い主は、たいへんだとか自覚しないものなのだろうが、自分でも気づかぬうちに鬱や大きなストレスを抱えてしまっていることもあり得る。今、愛犬の介護生活にある人は、どうか無理し過ぎず、自分のことも大切にしながらお過ごしいただければと願う。

参考資料:
(*1)Caregiver burden in owners of a sick companion animal: a cross-sectional observational study / Mary Beth Spitznagel et al. / BMJ Journals, Veterinary Record, Volume 181, Issue 12, http://dx.doi.org/10.1136/vr.104295
(*2)How your pet’s illness could put your mental health at risk / CNN

文/犬塚 凛

構成/ペットゥモロー編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。