人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Amazon、Google、LINE、Apple、戦国時代に突入したスマートスピーカーの勝者は?

2017.11.29

房野氏:今後、スマートスピーカーに他のどんな機能が入ってくるでしょうか。

石野氏:今はまだ決済の機能も入ってないし、海外に比べたら機能が少ない。家電コントロールの対応機器が少なかったりもする。ここら辺は、au HOMEと連携したりもするかと。「Actions on Google」(Google アシスタント用のアプリケーションを作成するためのプラットフォーム)が入ってきてからが本当のGoogle Homeの力の見せどころ。

法林氏:そこがお金を稼ぐところかもね。

石野氏:そうですね。なんですけど、それが入る前に完敗してるClova WAVEは、本当に考え直さないといけないなと。

法林氏:今のところLINE MUSIC専用スピーカーですから。それ以上はない。

石野氏:本当に年内に何とかしないと、みんな、ふーんとしか思わなくなる気がする。

石川氏:Google アシスタントは、テレビにも載るし、今後は多分、冷蔵庫にも載るし、エアコンにも載るし、いろんな家電に載る。スピーカーは多分、こういうもののシンボルでしかないと思う。今年のCES(Consumer Electronics Show)でAmazon Alexaを搭載したLGの冷蔵庫がありましたけど、あんな感じ。いろいろな家電と連携すると考えると、世界中のメーカーがたぶん、GoogleのプラットフォームかAmazonのプラットフォームを利用する。じゃあ、LINEはどうするのっていう話にもなってくる。

石野氏:Clovaは勝手に話し掛けてくるんですよ。ソニーモバイルが「Xperia Hello!」の方から話し掛けてくれるといっていますけど、いや、Clovaは勝手に話し掛けてくるじゃんって思った。

法林氏:シャープの「エモパー」も話し掛けてくるんですよ。「お帰りなさい」って言ってくれる(笑)

石野氏:それを考えると、Xperia Hello!はXperiaのクレードルでも良かったのかなっていう気がしている。あえてハードウエアを決めちゃわなくても、Xperiaを置くと動くとかでも良かったのかなって。

房野氏:Xperia Hello!、顔はかわいいですけど高額ですね。

法林氏:いやー、厳しいと思うわ。

石川氏:5万8000円くらいで出した方が良かったと思うね。

石野氏:得られるメリットが価格に見合ってないんですよね。ソニーモバイルのスマートプロダクトは、「Xperia Ear」と「Xperia Touch」までは良かったんですけど、Xperia Hello!はやり過ぎたというか、他に先に出すものがあるんじゃないかっていう気がしたな。

房野氏:ロボットというなら、もっと動いてほしかった。

石野氏:そう、「aibo」とも競合するじゃないですか。ちょっとタイミングが悪いし、値段も悪いし、中途半端だなっていう感じがしますね。機能も減っている。2016年のMWC(Mobile World Congress)で「Xperia Agent」として出たときは家電連携もできたんですよ。それができても微妙なのに、それすらないのでちょっとなぁ。

石川氏:Clovaはソニー製品と連携すると言っていたけど、出なかったじゃないですか。早く発表するのはいいけど、なくなったものも見えてくるから、どうなんだろうね。良くもあり、悪くもあり。

石野氏:うやむやになってしまう。でも、スマートスピーカーは面白いと思いますよ。6000円とか1万円ぐらいで買えるので、取りあえず買ってみない手はないと思うし、今、一番遊べるガジェットです。

房野氏:クリスマスプレゼントに最適ですね。

......続く!

次回は、楽天のFREETEL買収について話し合います。ご期待ください。

法林岳之
法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温
石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也
石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子
房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。