人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.29

Amazon、Google、LINE、Apple、戦国時代に突入したスマートスピーカーの勝者は?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は激化するスマートスピーカー市場について議論します。

■技術力の高さが際立つGoogle

房野氏:とうとう日本でも「Google Home」が発売されました。「Clova WAVE」も正式にリリースされ、「Amazon Echo」も発売となりました。どれを使うか迷ってしまいますね。


Google Home


Clova WAVE


Amazon Echo


房野氏

石野氏:1万円台で買えるGoogle Homeは、すごく手軽で入門機としていいなと。


石野氏

石川氏:「Google Home mini」なんて6000円でしょ。miniで十分だよね。


石川氏

石野氏:意外と音がいいんですよ。いいというか、大きい。

石川氏:スマートスピーカーはもうGoogleの勝ちだな。しょうがないと思うな。

法林氏:勝負できる可能性があるとしたら、Amazonぐらいだよね。


法林氏

石川氏:ただ、Amazonが日本語の処理に長けているかっていうと、ちょっと難しいと思うんですよね。

石野氏:Googleは十何年もやってきたと自ら言っているくらいだから。

石川氏:日本語の対応とか、検索とか、やれることとか、パートナーの数から見て、Googleはしっかり準備をしてきたし、アメリカで発売されて1年ぐらい経っているものなので、ローカライズの時間もあった。片や、LINEの舛田さん(LINE 取締役 CSMO 舛田 淳氏)は、7か月でここまでできたと言っているけど、Clova WAVEはやれることが少ないんじゃないのかというのが正直なところ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ