人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.29

未来すぎるシンハー・エステイトがモルディブに開発中の複合型リゾート

タイの不動産開発大手、シンハー・エステイト・パブリックは、モルディブ共和国のエンブドゥラグーンのカーフ環礁の近くに、複数の島々で構成される新たな複合型リゾート「エンブドゥラグーン・マルチアイランドリゾート」の開発を発表した。

本プロジェクトの総額は6億8千万USドル。このプロジェクトは、9つの島に合計1300室の宿泊とレジャー・レクリエーション施設が建設される予定だ。2018年にはプロジェクトのフェーズ1が完了し、その後5年間で残りの3億6850万USドルをかけて、フェーズ2を完成させる計画だという。

本プロジェクトは、世界トップクラスのデザイナー、デベロッパー、ショップ、そしてレストランとのコラボレーションを実現。世界的に有名なHard Rock HotelグループやビーチクラブCafé Del Marとの協力も得るなど、かつてない大規模なプロジェクトとなっている。

フェーズ1は、島の核となるタウンシップを含む、3つの島からなるリゾートです。ワールドクラスのフード&ドリンク、ショップ、エンターテイメント、レクリエーション、そしてレジャーが体験できるモルディブで初めての場所となる。この島は、全長7kmの埋め立て地に作られ、マーレ国際空港からスピードボートで15分というアクセスしやすい場所に位置し、観光客だけでなく、地元の方々にとってもこれまでにない様々な体験ができる場所となる、と同社では説明している。

シンハー・エステイト・パブリックはモルディブに新たにファミリーレジャーの市場を醸成するこのプロジェクトを成功させるため、さまざまな専門分野で貢献できるパートナーを世界中から誘致したい考えだ。11月17日に開催されたインターナショナル不動産&投資カンファレンス2017東京でシンハー・エステイト・パブリックのCIO(最高投資責任者)ティティ・ トンベンジャマス氏は次のように述べている。
「シンハー・エステイト・パブリックはビジネスシナジーと資産多様化を非常に重視しています。日本は2013年から、1000億タイバーツをタイの住宅市場に投資しており、その不動産ビジネスの拡大トレンドは今後も続くでしょう。ASEAN地域における投資拡大の入り口として、タイの可能性が認められているのだと思います。モルディブの観光市場は伸びており、この投資は、海外投資家にとって魅力的なクロスボーダー投資スキームとなるでしょう」

関連情報

http://www.singhaestate.co.th/


構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ