人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.27

脳を活性化させるために理想的な朝食とは?

[4]〝タイムパフォーマンス〟が高い人はスキマ時間を有効活用する

大塚製薬では20〜30代の社会人を対象に「社会人の時間の使い方と集中力に関する調査」を実施。半数以上が〝タイムパフォーマンス〟=時間能率の向上に意欲的であることが判明した。

栄養バランスと脳の知られざる関係

全体の約7割が日常を「忙しい」と感じている、と回答。そんな20〜30代が1日で自由に使える時間は平均155分。このうち74分を自分の成長のために使っていることがわかった。

栄養バランスと脳の知られざる関係

ちなみに「自分を成長させたい」と願う人は全体の82.0%を占めた。その目的のため「移動時間」「打ち合わせの合間」などの〝スキマ時間〟の活用を考えている人も55.4%に達した。

■脳を活性化するには、まず食べ物から

「私が今回の研究に着手したのは、子供たちの生活習慣と認知機能発達の関係を調査する研究で、おかずがない簡単な朝食を摂っていた子供たちは様々な認知機能が低いとわかったことが直接のきっかけです。全国の半数近い子供たちが、朝食を簡単に済ませていることにより、努力が成長につながらなくなる可能性があるのだとわかり愕然としました。

 研究の結果改めて感じたのは“たかが朝食、されど朝食”ということ。現代社会では、強く意識していないと、基本的な生活習慣を律することすら難しくなっています。働き盛りの皆さんは業務の最前線で活躍するビジネスマン。朝食を抜いたり、残業や接待があったりで、栄養バランスのとれた食生活を送ることが困難な世代でもあります。

   けれども、それを言い訳に生活習慣の乱れを許してしまう弱い心では負け組になりかねません。ビジネスの世界で活躍し、生き残りたいと願っているのであれば、規則正しい睡眠やしっかりと朝食をとることは最低限の必要条件。そのことが、科学的にも解明されつつあるのです」(東北大学・川島隆太教授)

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。