人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.26

大掃除のトレンドは家中から〝ピンポイント〟へ

もうすぐ12月。今年も大掃除の季節がやってくる。ところで厚生労働省が発表した国民生活基礎調査によると、2016年の日本の平均世帯人数は「2.47人」となり、平成元年(1989年)の平均世帯人数「3.10人」に比べて0.63人減少している。この状況は年末大掃除に、どんな影響を与えているのか。


清掃機器の最大手メーカー、ドイツ・ケルヒャー社の日本法人、ケルヒャー ジャパンは、年末に向けて「大掃除」に関するアンケート調査を全国の20~60代の男女500名を対象に実施した。

今年(2017年)は大掃除をしますか?


大掃除を行なう理由は何ですか?

今年の大掃除は81%の人が実施意向であることが判明した。『きれいな家で新年を迎えたい』『習慣だから』など大掃除を文化だと捉えている内容が上位となりました。3~4か月に1回季節の変わり目に行う「中掃除」、週1ペースで行う「小掃除」といったこまめな掃除や、「夏掃除」「秋掃除」といった季節に合わせた掃除を実施する人が増えてきた近年でも、やはり多くの方が恒例行事として年末の大掃除を行なうようだ。


大掃除で家中を掃除するのは正直面倒だと感じますか?


今年の大掃除にかけられる時間はどのくらいありますか?

大掃除に対する意識と実際にかけられる時間を調査したところ、85%の人が『家中を掃除するのは正直面倒』と答え、大掃除にかけられる時間についても『1日以内』と答える方が52%という結果になった。
昨年の調査時よりも、かけられる時間が1日以内と答える割合は9ポイント増加しており、さらに時短意識が高まっている。“時間をかけて家中きれいにする大掃除”は今の時代には合わないのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ