人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.26

準備はお早めに!年賀状を送る平均枚数は約45枚、もらう平均は枚数約33枚

すでに11月1日から発売が開始されている2018年用年賀はがき。デザインに「スヌーピー」を登場させたり、お年玉くじの景品をグレードをアップさせたりと、話題を集める中で約25億8600万枚が発行される。ちなみに1月7日までは52円で投函できる(1月8日以降は62円)。
ブラザー工業の国内販売子会社であるブラザー販売は、そんな年賀状に関する意識調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

まず例年、年賀状を送っているのは全体の73.0%。年代別では60代が最も高く、85.0%が年賀状を送っている。年齢が下がるにつれて割合は下がり、20代では51.5%と、60代と30ポイント以上の差が出た。送る平均枚数は約45枚、もらう平均は枚数約33枚となった。年賀状を出す相手に関しては、1位が「友人」、「親族・親戚」、「仕事関係」と続く。
そして約8割が年賀状をもらってうれしい、と回答。最もうれしい年賀状は「手書きコメント入り」だった。年賀状の作成は「パソコン」が71.2%と圧倒的。一方「スマホアプリ」を活用する人は4.1%と少数派の結果になった。

年賀状に関する意識調査

 

年賀状に関する意識調査

 

年賀状に関する意識調査

 

年賀状に関する意識調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ