人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.26

食材の鮮度を守る旬鮮チルド機能を搭載したアクアの冷凍冷蔵庫「SVシリーズ」

アクアは、AQUA冷凍冷蔵庫SVシリーズとして、4ドア冷凍冷蔵庫(AQR-SV36G:定格内容積355L)を11月22日に、3ドア冷凍冷蔵庫(AQR-SV27G:定格内容積272L)を12月6日に発売する。また、5ドア冷凍冷蔵庫(AQR-SV42G:定格内容積415L)は12月中旬に発売される予定。

左から5ドア冷凍冷蔵庫AQR-SV42G(定格内容積415L)、4ドア冷凍冷蔵庫AQR-SV36G(定格内容積355L)、3ドア冷凍冷蔵庫AQR-SV27G(定格内容積272L)。本体カラーは左(T) グロスブラウン、右(S)チタニウムシルバー。

SVシリーズの3機種は、全てのモデルに食材の鮮度をしっかり守る「旬鮮チルド」を搭載。さらに5ドア冷凍冷蔵庫(AQR-SV42G)には、食品の冷凍焼けを抑制する「旬鮮フリーザー」も備えており、週末のまとめ買いやホームフリージングに最適だ。
また、すべての機種に高効率インバーターコンプレッサーを搭載したほか、「AQR-SV42G」と「AQR-SV36G」には、真空断熱材を採用。同社従来機種と比べて年間消費電力量を約34%削減し、大幅な省エネ化を達成している。
外観は、直線を基調としたシンプルなフォルムと使いやすい特徴的なグリップハンドルが生活空間に溶け込むデザインとして評価され、シリーズ3機種が2017年度グッドデザイン賞を受賞した。

個々の機能について見ていくと、まず「旬鮮チルド」は、チルドルームの冷気にうるおいをプラスする「HCS-Cフィルター」を搭載。スピード冷却と湿度コントロールのダブルの効果を実現し、「旬」な食材の鮮度をしっかり守る機能だ。
大容量サイズのチルドケースは、350ml缶も立てられる高さ(約15cm)で、まとめ買いをした食材や厚みのある生鮮食品も保存しやすく、便利。

「旬鮮フリーザー」は食材の冷凍焼けを抑え、おいしく保存する機能。従来の冷蔵庫では、霜取り運転などによる冷凍庫内の温度の変化により、食材から抜けた水分が霜となり表面に付着することで、食材のうま味や食感が損なわれることがあった。これに対して新開発のAQUA独自の「旬鮮フリーザー」は、アンチフロスト機能により、霜取り時の暖かい空気が冷凍庫内への侵入をブロック。食材の乾燥や霜つきを抑え、おいしさの「旬」を閉じ込める。作り置き料理の風味やアイスクリームのなめらかな食感をより長く保つことができ、週末のまとめ買いやホームフリージングに最適だ。

このほかにも、高効率インバーターコンプレッサーを搭載し、真空断熱材やアンチフロスト機能の採用によって、弊社従来機種から年間消費電力量を約34%削減。また、直線を基調としたシンプルなフォルムのなかに、握りやすく使いやすいグリップハンドルと、引き出し部分の大型の取っ手を融合させたデザインにより、「2017年度グッドデザイン賞」を受賞した。

「AQR-SV42G」の外形寸法は幅600×奥行き698×高さ1840mm、90kg。定格内容積は冷蔵室230L 、アイスルーム21L、上段冷凍室19L、下段冷凍室70L、野菜室75L。
「AQR-SV36G」の外形寸法は幅600×奥行き662×高さ1729mm、81kg。定格内容積は冷蔵室197L、上段冷凍室42L、下段冷凍室47L、野菜室69L。
「AQR-SV27G」の外形寸法は幅600×奥行き657×高さ1419mm、62kg。冷蔵室178L、冷凍室50L、野菜室44L。

関連情報

http://aqua-has.com/

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ