人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.23

スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法

■連載/パソコン&スマホ「サポートスタッフだけが知っている“プロのテクニック”」

みなさん、こんにちは。日本PCサービスの俵﨑です。

デジカメやケータイで撮った写真や動画のバックアップはどうされていますか? 特に、スマホはいつも持ち歩いているので、写真を撮る機会も多く、枚数も多くなりがちですよね。今回は、スマホの写真のバックアップについてご紹介していきましょう。

スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法

写真を保存する方法は、「パソコンに転送」「外付けハードディスクに保存」「プリントアウト」など、いくつかあります。よく混同してしまいがちですが、保存とバックアップとは異なります。たとえば、パソコンに写真を保存したからといって、すぐにデジカメの写真を消去するのは、やめたほうがよいでしょう。

保存したハードディスクが壊れるなど問題が発生した際には、二度と見られなくなる可能性があり、また復旧できたとしても高額な費用が発生する可能性があります。リスクを回避する意味で、パソコンと外付けハードディスクというように異なる2か所以上の場所にバックアップするようにしてください。写真は思い出などを写した貴重なデータですので、常にバックアップを心がけてくださいね。実際に、写真に関するご相談では、「誤ってデータを消してしまった」「SDカードが認識しなくなった」という内容が多く、正しくバックアップを行なっていれば、未然に防止できた事例も多いです。

●おすすめはクラウドを使ったバックアップ

スマホの写真をバックアップする方法は、大きく次の2つがあります。

・パソコンにバックアップ
・クラウドにバックアップ

まずは、パソコンへのバックアップについて説明しましょう。デジカメのSDカードをパソコンのカードリーダーに挿して、ハードディスクなどにデータをコピーしてバックアップしてきた人も多いのではないでしょうか。スマホでも似た方法でパソコンへのバックアップが可能です。microSDカードスロットを備えたAndroid端末であれば、そのままデジカメのようにバックアップできます。iPhoneの場合は、USBケーブルでパソコンと接続し、iTunesというソフトでバックアップします。ケーブルでの接続が必要なので、時間や手間は多少かかりますが、その作業中に失敗写真や不要な写真を選別しながらバックアップできることがメリットです。

スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法 スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法
iPhone、Androidともに付属のケーブルをPCにつないで写真のフォルダを開き、PCのハードディスクに移すことでバックアップできる。

スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法
Androidの場合は端末によってはmicroSDカードも利用可能

もうひとつの、クラウドを使ったバックアップですが、スマホの場合はこちらがおすすめです。メリットは、ケーブルを接続するなどの手間や時間がいらないこと。インターネット環境があれば自動的にバックアップしてくれます。AppleやGoogleなどは、無料で使えるクラウドサービスを用意しており、スマホにもアプリが標準で備わっているので、ユーザーは設定するだけで使い始められます。

また、クラウドサービスはセキュリティ面でも安心です。何重にもデータはバックアップされており、消失することは極めて少ないと言えるでしょう。一方で、クラウドのバックアップにはデメリットもあります。まずは、インターネット環境がないとバックアップされません。Wi-Fiのみバックアップする設定にしていれば、Wi-Fi環境のない場所ではバックアップされませんし、モバイルデータ通信を使用する設定にすると、データ容量を消費してしまいます。

また、無料で使えるサービスの中には、容量や写真サイズ制限があり、一定以上の写真を保存できなかったり、写真が元のデータよりも小さくなってしまったりするケースもあります。ですが、有料のオプションに加入すれば、これらの制限は取り払えます。まずは無料で使ってみて、使い勝手などを確認してみてから検討してはいかがでしょうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。