人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.24

ECサイトの〝送料自由サービス〟いくら払う?

アメリカの小売業の売り上げの約4割が集中すると言われる「ブラックフライデー」。11月第4木曜日のサンクスギビングデー、感謝祭の翌日の金曜日に実施されるセールのことで、2016年のオンラインによる売り上げは20億ドルの大台に到達したと言われている。
ジャストシステムはマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度)』の結果を発表している。今回はECの歳末セールに関する調査を行なった。

ECでの購入経験がある人に今年の歳末セールについて聞いたところ、「楽天市場」のセールを利用したい人は55.5%、「Amazon」は60.0%、「Yahoo!ショッピング」は45.2%だった。なお、歳末セールの利用を考えている人の33.6%が、「セールまで、ECでの買い物を控える」と回答している。

「ネットスーパー(大手スーパーを中心に展開され、インターネット上から生鮮食品などを注文すると、エリアによっては最短数時間で配送されるサービス)」を「現在利用している」人は12.6%で、前回2013年4月調査時の18.8%を下回った。しかし、「現在利用している」人のうち、「週1回以上利用」している人の割合は44.6%と、こちらは前回の27.2%を大きく上回った。

パソコンやスマートフォンを操作する必要なく、専用ボタンを押すだけで商品を注文できる「Amazon Dash Button」を「購入したことがある」人は5.7%。2016年12月調査時(4.4%)からは微増したが、2017年5月調査時(5.6%)からは横ばいとなっている。
なお、「Amazon Dash Button」を知っている人は59.2%で、2016年12月調査時(40.9%)や2017年5月調査時(43.2%)よりも、認知度は高まった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ