人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人とペットの幸せ創造協会の越村会長に聞くペット業界の今とこれから

2017.11.24

――ペットとの真の共生社会に向けて、どんな取り組みを進めるべきでしょうか?

~自身の経験から語る共生のメリット~

私自身、家庭でのペットとの触れ合いを通じて命の大切さに触れました。またCAPP(人と動物の触れ合い活動)の現場で難病のお子さんがワンちゃんと触れ合って元気になったり、その様子を見て子どもの闘病生活に寄り添う両親もまた笑顔になるといった姿を見ることもありました。ペットとの関わりが人との暮らしにいかに良い影響を与えるかを目の前で見ることが出来たからこそ、共生に大きなメリットがあるということを、もっと広く知ってほしいと願います。

~真の共生社会実現に向けて~

私は、将来的に日本にペットと暮らす上での理想郷を作りたい、と思っています。そこではお子さんがペットや自然と日常的に触れ合えるような場所があり、ドッグランやアジリティなどペットの健康のための施設もあれば、高齢者がペットと共に住める特養ホームなどもある。またペットと共に入ることができるお墓があったり、異業種間で協力して、ペットと人どちらが先に亡くなっても、最後まで面倒を見ることができるような環境を作る。生まれた時から亡くなるまでペットと共にある理想郷が出来ればいいと思います。

また、ペットを飼っていない人との共生も考えなければなりません。私は中でも、ペットオーナーのマナーを徹底する取り組みが必要だと思います。マナーが悪い、という理由からペットを飼っていない人たちにとってペット飼育がまだまだ受け入れがたいという現状があります。

今後例えば訓練されたペットが取得できるパスポートのような証明書を作ったり、人とペットが一緒に入れるお店の共通マークを普及させるといった取り組みを進めることでペットと同伴で利用できるインフラの選択肢を広げ、ペットを飼っていない人からも理解を得られるような環境づくりを進めることが必要になってくると考えます。

●越村義雄氏 プロフィール
ペットフードメーカー日本ヒルズ・コルゲート株式会社の代表取締役社長を経て、2009年に一般社団法人ペットフード協会、ペットフード公正取引協議会の両会長に就任。2015年に一般社団法人人とペットの幸せ創造協会、国際ビジネスコンサルティング株式会社を立ち上げ、現在会長、代表取締役社長を務める。そのほかにも一般社団法人ペットフード協会名誉会長、ペットとの共生推進協議会シンポジウム実行委員長や一般社団法人日本ペット栄養学会監事を務めるなど、ペット業界の第一線で精力的な活動を展開している。

取材・文/鈴木 宗典

構成/ペットゥモロー編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。