人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.24

笑いと涙こそ前向き脳を作るリセットボタン

●笑うことや泣くことがリセットボタンを押す役目

 リウマチ整形外科医の吉野槇一氏は「脳内リセット」は、コンピュータのリセットシステムと同じように、ストレスを生む思考の働きを一時的に無にすることだと提唱する。

「そのリセットボタンを押す役割となるのが、楽しく笑う、涙を流して泣く、楽しいことに熱中する、深い眠りなど。私たちの身体は心臓や肺臓など意思に関係なく働いている臓器を支配する自律神経系、ホルモン分泌を司る内分泌系、細菌やウイルスなどに対応する免疫系の3つの系がスクラムを組み、密接に情報交換を行なうことで、よりよい状態に保たれています。しかし過度のストレスが加わると、この3つの系の働きが乱れて眠れなくなったり、免疫力が落ちたりして体調がくずれ、病気を引き起こすことがあります」

 思いきり笑ったり、号泣している時は頭の中が無の状態になって、ストレス刺激がなくなったり、極端に減少することが医学的に証明されている。その結果、3つの系のバランスが戻り、再びストレスに対応できる力が出てくるのだ。

「笑いと涙による脳内リセットは海外でも注目されています。ぜひ積極的に取り入れましょう」

医学博士 吉野槇一氏。リウマチ整形外科医で笑いや涙によって脳内リセットすることを学術的に証明。社会福祉法人白十字会理事、日本医科大学名誉教授。

●3系統の良好な関係を保つためにストレスは禁物

↑過度なストレスを感じると大脳が神経系、内分泌系、免疫系に情報を送り続け、バランスがくずれる。笑いや涙で大脳をリセットすることで、3系統のバランスが通常の状態に戻る。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ