人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.22

住んでる場所で保険料も内容も全然違う!?市町村国保の実力を見抜く方法

■中高年のための健康講座(4)

第一回はこちら
第二回はこちら
第三回はこちら

 退職後に多くの人が加入する市町村国保は、目的は同じでも全国一律の内容とは言い難い。保険料から事業内容、力を入れている対象者は異なり、成果にも大きな差が生まれている。

 その理由を紐解くため、市町村国保の運営者(保険者)である市区町村(役所)の置かれている実情を、できるだけわかりやすくご紹介しよう。

■人口ピラミッドとの関係

 役所の仕事は「保健衛生」、「福祉」、「教育」、「環境」、「まちづくり」、「治安・安全・防災」などに分類されている。これらに対応するための人員を配置し、「住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する」(地方自治法)役割を担っている。

 しょっぱなから堅苦しい書き出しで恐縮だが、つまり仕事は多岐にわたり、対象となるのはそこに住む人全員。かといって少子超高齢化が進む現代は全年齢層に対し平均的に力を注ぐことは難しく、出生率や高齢化率のデータも参考にしながら、どこに重点を置くか見極める必要がある。

 市町村国保が関連する健康・福祉分野を例にすると次のような分類になる。

・母子(子育て世代の母と子ども=妊産婦、新生児〜乳児〜幼児)
・学校(幼稚園〜高校生)
・成人+前期高齢者(18〜40〜65〜74歳)
・後期高齢者(75歳〜)
*年齢を細かく区切っているのはそれぞれに節目があり、担当や法が異なるため。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。