人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.22

LINEが送信したメッセージを取り消せる誤爆防止機能を実装

LINEは同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、送信したメッセージを時間限定で取り消しできる「送信取消」機能を、2017年12月以降に実装すると発表した。

送信取消の対象となるメッセージは、機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージとする予定で、以降ユーザーの反応を見ながら検討していくと、同社では説明している。「送信取消」機能の詳細については、実装時に改めてアナウンスされる予定だ。

また、実装に先駆け、LINEを誤送信した体験談をユーザーから募集する『#LINE誤爆Black FRIDAY』キャンペーンを 11月24日(金)まで実施している。

■ユーザー誤送信の〝黒歴史〟(許諾を得て掲載しています)。

LINEは「送信取消」機能実装と『LINE Black FRIDAY』キャンペーン開催を発表するにあたり、LINEの誤爆に関する動向を把握するため、インターネット調査を実施。その結果を公開した。

まず「LINEで誤ってメッセージを送信した経験」について聞いたところ、LINEで誤送信した経験がある人は約85%もいる結果となった。また、「LINEでどのように誤ってメッセージを送信しましたか?」という問に対しては、「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」の回答がトップとなっている。

また、「LINEでメッセージを送信したことに気づいた際、どのような行動をとりますか?」の問に対しては「すぐ謝る」と回答した方が57%と過半数を超え、続いて「間違ったことに呆然とする」の回答が15%。

なお、「その他」を選択した方の中には、「正しいメッセージを送りなおす」「スタンプを打ってごまかす」「自分で突っ込んでギャグにする」「とりあえず笑う」「とりあえず自分の方だけメッセージを消す」という回答も見られた。

■調査概要
調査方法/LINE公式アカウント「LINEチーム」Research Platformを利用した、スマートフォンによるモバイルアンケート
調査対象/LINEユーザー男女
最終有効回答数/8577サンプル
調査期間/2017年11月10日~12日

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ