人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

空き巣対策に効果を発揮する防犯グッズ&アプリ

2017.11.21

■家への侵入を玄関で食い止める

 「音」と「光」の妨害網をくぐり抜け、さらに家屋へと迫るしつこい侵入者に対して、侵入口を守る防犯方法を考えてみたい。まずは玄関からの侵入を水際で防ごう。玄関のカギとして長年利用されている、ギザギザの入ったカギ。こちらは合いカギを作られやすく、また、ピッキングの被害を受けやすいとされている。そこで、カギをピッキングに強い、下の写真のようなディンプルタイプに変更するのがオススメだ。

ディンプルタイプ

 上下2カ所にカギをかける玄関が増えているが、時間稼ぎにはなるものの、1つ破られれば比較的簡単にもう一方も開けられる可能性があるという。2種類のカギを使い分けたり、一方をあえて従来のギザギザタイプのままにすることも、実用的な防犯対策になる。ディンプルタイプとギザギザタイプの2種類のカギを開けられる空き巣犯は少ないからだ。

 また、最近では電気式のキーシステムが進化している。ガジェット好きの我々が気になるのは、おサイフケータイを利用して「スマホをカギ」にするシステムだろう。

美和ロック キーモバイルシステム「KEYMO」

 上は美和ロックのキーモバイルシステム「KEYMO」だ。Androidのスマホに専用アプリをダウンロードして、ドア側にあるFeliCaリーダーにデータを読み込ませて使用する。このように、これからの防犯対策としてデジタル化は重要となるだろう。もちろん、バールなどで強引にこじ開けるアナログな侵入者も絶えない。だが、玄関や住宅自体がデジタル化し、力ずくの侵入者の抑止力となることに期待したい。もちろん、人間には「うっかりカギのかけ忘れ」は避けられない。

美和ロック「ChecKEY(チェッキー)」

 美和ロックの「ChecKEY(チェッキー)」は、今使っているカギにドライバー1本でカンタンに取付られるもの。カギ操作をすると表示窓の色が変わり、施錠したかどうかがひと目で分かる。うっかりカギのかけ忘れの不安を解消するのに1800円前後で済むとは、実にお買い得だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。