人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.20

【サラリーマン相談室】毎日、往復2時間の通勤電車が苦痛でたまりません。

【毎日、往復2時間の通勤電車が苦痛でたまりません。】

会社やめちゃう!?〈連載第3回〉

−−営繕係休憩室。それは、あなたの会社の中にある秘密の扉。会社の中で、あなた以外は誰も知らない秘密の部屋。悩んだら、いつでもおいで。悩みがなくても、遊びにおいで。さぁ、今日もひとりのサラリーマンがその扉のノブに、そっと手を伸ばしたようです。

【今週のサラリーマン相談】

妻あり、子ありで家も買ったのですが、会社まで往復2時間の通勤電車が苦痛でたまりません。朝6時台に乗ってもギューギューの混雑で、本を読むことすらできません。持ち家なので会社近くへ引っ越すわけにもいかず、そもそも今の家が気に入っている妻や子にも相談できません。この状況が何十年も続くかと思うと絶望的です。どうにかこの通勤地獄を軽減する方法はないでしょうか?
サラリーマン田代(入社10年目、35歳、係長、金融関係、東京都)

会社やめちゃう!?〈連載第3回〉

営繕のみつさん(以下、みつさん)「ところでさ、お金って誰のために稼いでいると思う?」

サラリーマン田代(以下、田代)「ところでって言葉は、初対面の際の第一声では絶対に使っちゃイケナイ言葉なんですが、まぁ、お金は自分のために稼いでいます。そのお金で郊外にマイホームを買ったら、こんな結果に」

みつさんお金っていうのはね、他人のために稼いでいるモノなんだよ

田代「そんなバカな。それだったら、世界中がマザー・テレサみたいな善人だらけになっちゃうじゃないですか。

 お金ってのは、もっと利己的に自分だけのために稼いでいるモノです」

みつさん「自分のために稼いでいるんだったら、使わないはずでしょ? 家も買わないし、弁当も買わない。定期券も買わない」

田代「使わないお金だって少しはありますよ。自分のために貯金しています」

みつさん「それだって、銀行のために稼いでるんでしょ? ほら。人間は、誰かのためにお金を稼いでいるんだよ」

田代「まぁ、冷静に考えるとそうですね。稼いだお金は、銀行も含めて必ず何かに使っている。でも、それと僕の通勤地獄に何の関係が?」

みつさん「君は小田急電鉄のために、会社で働いているんだよ。立派じゃないか」

田代「え?」

みつさん「君が憧れる、営業部の大原部長。何がうらやましいんだっけ?」

田代「大原部長は、会社のすぐ隣の街に住んでいます。だから、通勤時間も10分だし、残業してもすぐに帰れる。

 接待の飲み会の時なんて終電を気にする必要がないから、『もう一杯』って平気で言いやがる。こっちは終電逃したら、タクシー代に2万円近くが消えるんですよ?」

みつさん「君はなんて立派なんだ。MKタクシーのために必死に稼いでいる。今度、社長表彰もらえばいいじゃん。

 賞状、田代殿。貴殿は、我が社のためにしっかり稼いでくれています。よってここに、表彰状を贈ります。MKタクシー社長――って」

田代「そんな、意味わからん賞状がもらえるわけないでしょ?」

みつさん「大原部長はもらってるよ? 

 賞状、大原殿。貴殿は、我が都内高級マンションのために必死に稼いでいることを、ここに感謝する。毎日毎日、高額な家賃のために、部下の田代に文句を言われても耐え、忍び、来月も我が社のために稼ぐことを期待する――って」

田代「なるほど、部長は森ビルのために稼いでいるんですね。そして僕は小田急電鉄、ときどき、MKタクシーのために」

みつさん「そうなんだよ。世界中のすべての人が、『誰か』のためにお金を稼いでいて、それが『誰なのか』が人によって違うだけ。

 君は小田急電鉄のために、部長は森ビルのために。君が、たとえ都内の一等地に引っ越したとしても、貢ぐ相手が鉄道会社から不動産会社に変わるだけさ」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ