人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

11月20日は家族の日!母親が感動した子供からの「ありがとう」

2017.11.20

今日、11月20日は家族の日。コクヨが昨年、内閣府の制定する「家族の日」(11月20日)を前に、家族間におけるコミュニケーション意識の実情を探るべく、全国の3歳~8歳の子ども200名とその母親200名、祖父母200名を対象に『家族に関する意識調査』を実施した(※子どもは親と一緒に回答してもらう形式をとった)ところ、意外な結果が明らかになった。

家族に関する意識調査

■孫からの手紙、嬉しい祖父母は9割超えの一方で、2人に1人は手紙を貰ったことがない…

3歳~8歳の孫のいる祖父母200名に、孫から手紙を貰った時の気持ちを尋ねると、「嬉しい」「やや嬉しい」と感じる人が95%以上という回答が得られた。

家族に関する意識調査

では、実際に孫から手紙や手作りアイテムなどのプレゼントを貰った経験があるかを調査したところ、「ほとんど貰ったことがない(11.0%)」「貰ったことはない(34.5%)」と45.5%が貰ったことがないという結果に。ほとんどの祖父母が孫から手紙を貰ったら嬉しいと思っており、楽しみにしているのに対し、実際には、2人に1人の祖父母が孫からのプレゼントを貰った経験がないという事実が明らかとなった。

■「じぃじ、ばぁば、だいすき」祖父母に会う時、手紙を持っていきたいと考える孫は8割!

孫世代の子供たち200名に、次回祖父母に会いに行く際に手紙を持っていきたいと思うかを尋ねると、「持っていきたい(48.0%)」「やや持っていきたい(31.5%)」という結果になった。孫世代も実は、祖父母に手紙を送りたいという気持ちを抱いていた。

家族に関する意識調査 家族に関する意識調査

では、孫たちは祖父母に手紙を送るときには、どんな手紙を作りたいと考えているのだろうか。持っていきたいと回答した子供たちに、どのような手紙を持っていきたいかを尋ねたところ、1位「祖父母の似顔絵」61.0%、2位「ありがとうや会いたい気持ちを伝えるメッセージ」60.4%、3位「折り紙などで作った工作手紙」23.9%という結果に。

孫世代の子供たちに、祖父母への手紙でどんなメッセージを伝えたいかについては、日頃の感謝や祖父母を想う気持ちを伝えたいと考えている声が多く見られた。
「いつもありがとう。大好きだよ。ずっと元気でいてね」(男児/大阪)
「いつも、とまらせてくれてありがとう!」(女児/東京)
「じぃじ、ばぁば、だいすき」(男児/山形)
孫たちの多くは、手作りの似顔絵やメッセージ、工作手紙で感謝の気持ちを伝え、大好きな祖父母に喜んでほしいと思っているようだ。

■子供の“ありがとう”に感動した経験のある母親は7割

本調査対象の母親200名に、子供からの感謝の言葉に感動した経験があるかを調査したところ、7割の母親が子供から「ありがとう」と言われ、感動した経験があると回答。ありがとうといわれた経験のある母親に、実際に体験した感動エピソードを教えてもらった。

家族に関する意識調査

<子供からの「ありがとう」エピソード>
・いつも仕事でバタバタしていてあまり子供を見れていなかったときに、「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」と言われ、子供の存在の大切さを改めて実感した。(30代/埼玉)
・仕事から帰ったら、テーブルにお手紙と手作りのビーズアクセサリーが作っておいてあった。手紙には、「いつも仕事頑張ってくれてありがとう。明日も仕事頑張ってね。」と書いてあった。(30代/長崎)
・母の日や誕生日に毎年、子供たちで手紙を書いてくれて、「いつもおうちのことや子供たちのお世話をしてくれてありがとう」と手紙をもらった時、疲れて家事をやりたくなくても一生懸命やっててよかったと思い、子供たちはちゃんと見ていてくれるんだと感動した。(30代/神奈川)

jh077_350a

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。