小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

猫のヒゲを絶対に切ってはいけない理由

2017.11.18

猫のひげを絶対に切ってはいけない理由

このひげはとても敏感な触感を持った「触毛(しょくもう)」で、猫たちにとってなくてはならない存在なのです。いつも驚くほど狭い隙間をすり抜けている猫たちですが、実はこのひげに触れた感覚で「ここなら通れる!」と判断しているのだとか。

よく「猫が顔を洗うと雨が降る」なんて言いますが、実はあの顔をゴシゴシするしぐさも、この自慢のひげについたホコリをとって感度を良くしているという説があります。野生の猫は獲物を見つけたとき、そのままじぃっと目で捕らえながらそろりそろりと近づいていきます。目線が獲物から離せないために、ひげの感覚を頼りに障害物がないかを判断しているのです。

まゆ毛のような毛や、頬の毛なども同じように触毛。その根元にはとても発達した神経があり、触ったものはもちろん、風の吹く方向まで把握していると言われています。また、前脚の後ろにもこの触毛が。これは、捕らえた獲物がどんな動きをするのかを敏感に感じ取って、とどめを刺すためにあるのだとか。試しに睦月の前脚の毛をちょちょいと触ってみると、猫が大嫌いな水にぬれてしまったときのように手首をブルブルッとさせて、嫌そうに振り払っていました。


ちょっと失礼して…前脚の裏に生えているこのひょろひょろっとした白い毛も触毛です。

猫のひげが大きく広がるのはなぜ?

我が家の睦月のひげは、ときどきバサッと扇を広げたようになって前方へ向きます。どんなときかをふり返ってみると、何かおもちゃを差し出したり、指を1本伸ばして興味をそそったりするときでした。

ひげと一緒に耳もピンと立ててその方向を向いているときは、「興味津々!」という気持ちが表れているのだそうです。そんなときは、目の瞳孔も少し広がっているのがわかるでしょう。ひげをピンとさせて、しっぽも立てて近づいてくるのは、「遊んで~!」という感情表現です。


指を1本差しだすと、思わずニオイをかぎながらひげビーン!

反対に、ひげがだらんと左右に垂れ下がっているときは、リラックスしている証拠。何か緊張しているな、警戒しているな、というときには、ひげは鼻よりも少し前向きになります。さらに耳を伏せ、「シャー!」なんて言ってきたら怒っている合図。

そんなふうに、ひげには猫の感情も表れています。ぱっと見はあまり気にならないひげですが、よく見るとその気持ちの機微が感じられてとたんに愛おしくなるはず。愛猫のひげは決して切ったりせずに、大事にしてあげましょう。

文/中西未紀

構成/ペットゥモロー編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。