人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.17

スーパー中学生の親に学ぶ、我が子の「好き」の伸ばし方

6人のスーパー中学生とその家族を取材したところ、親御さんの考え方に共通点を発見。〝スーパー〟を狙わずとも、そこには真似したい親子の関係がありました。

【1】親の好みを押しつけない

 好きこそものの上手なれ——。わかっていても、「どうせなら将来役立つものを」「成績が上がるものを」と親の好みで習い事を勧めがち。それだけに慎之祐くんのお母さんの言葉が印象的だった。

「子供がやりたがることを昔からただやらせてきただけなんです」。

 子供の好きなものを見つけられない、という悩みをよく耳にするが、実は親が勝手に選別してしまっているのかも。

【2】学校の成績を最優先にしない

 何かに熱中し、人より勝ることで自信を持つ経験は代えがたい。それを意識してか「練習の合間に勉強……になっちゃいますね」(MiYUさんのお父さん)など〝熱中ファースト〟な親御さんが多かった。

【3】リビングをうまく使う

「宿題はリビングで」「趣味の作業は居間でします」……と、自室よりリビングにいる時間が長い子が目立った。疑問があれば親に聞ける。親も子供の興味、悩みをつぶさに感じ取れる。例えば、そんな日常の時間が、スーパー中学生の下地になるのかもしれない。

友達のようにフランクに楽しげに話す匠平くんとお母さん
友達のようにフランクに楽しげに話す匠平くんとお母さん。

リビングをうまく使う家庭が多かった
リビングをうまく使う家庭が多かった。

お父さんのアドバイスを素直に聞く楓さん
お父さんのアドバイスを素直に聞く楓さん。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。