人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.17

楽しい空間が人気の秘密?テーマパーク化するハンバーガーショップ

◎手軽に食べられるごちそうからスタート

〝テーマパーク化〟するハンバーガーショップ

 数時間待ちのハンバーガー店が出店されるなど、今ハンバーガー業界は熱い。

「戦後、米軍基地周辺でのみ食べられていたハンバーガーを広く普及させたのは、『マクドナルド』をはじめとするチェーン店の力。ハンバーグというごちそうを、身近に食べられるモノにしてくれたんです」と語るのは、ラーメンや焼き鳥などB級グルメに精通する、はんつ遠藤氏。

 はんつ氏の言うよう、70年代に「マクドナルド」のほか「ドムドムハンバーガー」、「ロッテリア」、「森永ラブ」、「ファーストキッチン」など、大手が続々とチェーン店を展開。手軽に食べられる、ちょっとおしゃれな食べ物として隆盛を極めたのだが……。

「ただ、すごくおいしかったかと聞かれると『……』なんですよね。そんな中、90年代に個人経営の店のほか、『フレッシュネスバーガー』やハワイの人気店『クア・アイナ』がオープン。ハンバーガーはこんなにもおいしいのか! と教えてくれました。一方、従来のチェーン店は味では勝てないと、価格競争に突入。最初はよかったのですが、清掃面などに悪影響を与え、客足を遠のかせる結果になってしまったのです」

 21世紀に入ると、パティ(肉)やバンズ(パン)にこだわりを持つ、個人経営あるいは少店舗展開の、いわゆるグルメバーガー店はますます流行るものの、大手チェーン店は若者がたむろする場としてのみ機能。もはや手軽なごちそう感や、おしゃれ感は見当たらなくなっていった。

〝テーマパーク化〟するハンバーガーショップ

◎楽しい食空間作りが勝つための秘訣

「そして今、米国発のハンバーガー店が上陸中で、どこも長蛇の列。理由は簡単で、店がテーマパーク化しているんです」

 店内は清潔でおしゃれ。提供されるのは食べごたえのあるサイズ。しかも体にやさしい素材に特化したり、赤身牛を使うことでヘルシーさを謳ったりと、おいしさには様々なプラスアルファ。単体で食べれば1000円、セットだと2000円近くもするが、そこにしかない食体験が待つとあって、たとえ長い時間待っても、むしろ長く並んだことをいい思い出としてSNSなどで自慢できる……確かにこれって、テーマパークに遊びに行く感覚に近い。

「しかも、熟成肉は落ち着いたとはいえ、今は肉ブームの真っただ中。その影響を受けて、米国発のテーマパーク的なグルメバーガーはまだまだ熱いと思いますよ。とはいえ、日本人はアレンジが得意な人種。数年のうちに、今あるテーマパークをさらに進化させた、もっと楽しい店をオープンさせるはずです」

フードジャーナリスト
はんつ遠藤さん

取材件数は8500以上。雑誌や書籍で飲食店紹介をするほか、飲食店のプロデュースも行なう。著書に『全国個性派やきとり100店』(ポプラ社など)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。