人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.17

元祖ファストフード、かまぼこの知られざる5つの真実

 

普段、「かまぼこ」をどれくらい食べているだろうか。何気なく食べているかまぼこも、歴史深く、とても奥が深いのだ。そのかまぼこのトリビアを5つ、全国かまぼこ連合会に教えてもらった。また、その糖質量についてもみていこう。

■かまぼこトリビア5つ

意外と知らない「かまぼこ」トリビア!糖質量・新しい食べ方も!

かまぼこが900周年を迎えたらしい。全国かまぼこ連合会の奥野勝さんによれば、その愛すべきかまぼこは、「元祖ファストフード」だという。なぜなら、少なくとも900年の長きにわたって日本人の食べ物であり続け、江戸前寿司よりずっと前から存在していたものだからだそうだ。そんな親しみのある、かまぼこにまつわるトリビアを、奥野さんが教えてくれた。

●元祖かまぼこは「ちくわ」だった。
「900年前の古文書に、かまぼこが登場しています。しかし、名前は『蒲鉾(かまぼこ)』で、形は『ちくわ』でした」

●かまぼこは栄養がスゴイ
「かまぼこは、高タンパク質で低カロリーなので、ダイエットに最適です。必須アミノ酸を all in one で摂取できるからです。アスリートは、運動直後のゴールデンタイムにかまぼこを食べて、筋肉増強、疲労回復しています」

●かまぼこは種類がスゴイ
「通常、スーパーマーケット、コンビニなどで見かけるかまぼこの他に、日本各地でソウルフードとしてのかまぼこが多数あります。例えば、愛媛の「ジャコテン」、島根の「とうふちくわ」、鹿児島の「つけあげ」、静岡の「くろはんぺん」、京都の「魚そうめん」など多種多様です」

●東日本の「さつまあげ」は、西日本では「てんぷら」と呼ぶ
「揚げかまぼこの一つに『さつまあげ』がありますが、西日本ではたいていは『てんぷら』と呼びます。西日本の『てんぷらうどん』のトッピングは、海老天でなく揚げかまぼこです」

意外と知らない「かまぼこ」トリビア!糖質量・新しい食べ方も!

●日本のかまぼこ業界の発明品「カニかま」は今や世界中でヒット商品になっている
「見た目や食感などをカニに見立てた『カニかま』は今や大ヒット商品。さらに本物そっくり・本物以上のかまぼこが続々登場しています。例えば、かまぼこの『ホタテ貝柱』、『うなぎ蒲焼』などは、最近 家で食べるのに人気沸騰中。また、ウナギの稚魚そっくりにかまぼこで作ったしらすうなぎを、オリーブ油とニンニクでいためる『グラ』も、本場スペインの酒場・軽飲食店バールで人気を博していて、日本でも評判になっています」

意外と知らない「かまぼこ」トリビア!糖質量・新しい食べ方も!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ