人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.16

就活生が考える働きやすい企業だと感じる制度は「残業の削減、禁止」

学生側の〝売り手市場〟状態のまま、終了時期を迎えつつある2018年3月卒業予定者の就職活動。順調だった就職活動の反動か、内定化獲得後に「社会人としてやっていけるか」などの不安に直面する「内定ブルー」に陥る者も増えているという。そんな中、企業の採用活動を支援するサイト「JOBRASS新卒」を運営するアイデムの人と仕事研究所では、2018年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女655名を対象に独自調査を実施。先日、その結果を公開した。

学生に、2017年10月1日時点の就職活動の<主な活動>について聞くと、「内定獲得/就活終了段階」と回答した学生が最も多く78.3%に上った。前回調査(「2018年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査 2017年9月1日状況」、以下同)から5.3ポイントの増加となっている。前年調査(「2017年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査 2016年10月1日状況」、以下同)からは0.1ポイントの減少、前々年調査(「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する学生調査 2015年10月1日状況」、以下同)からは6.9ポイントの増加となった。

また、<主な活動>と<最も選考が進んでいる企業の状況(※)>を合わせて、実際にどのくらいの学生が就職活動の各活動ステータスに到達しているかを見た。「準備活動段階」は、調査対象の全学生のうち98.3%、「エントリー活動段階」96.6%、「面接・試験段階」95.0%、「内定獲得段階(“内定獲得/就活継続段階”と“内定獲得/就活終了段階”の計。“内定獲得率”と同義)」87.9%となっている。
※最も選考が進んでいる企業の状況:<主な活動>において、「内定獲得/就活終了段階」または「まだ何も始めていない」以外を回答した学生(n=73)に聴取。「準備活動段階」15.1%、「エントリー活動段階」15.1%、「面接・試験段階」63.0%、「内定獲得/就活継続段階」6.8%となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。