人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.16

新提言!ビールと音楽のマリアージュ

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 ビールとマリアージュと言えば、食べ物として思い浮かばないだろう。それが当たり前。しかし今日からそこに別の対象が登場だ。あるジャンルと別のジャンルを結ぶ「見立て」発想大好き、分類王の僕が送る新提言が「ビールと音楽のマリアージュ」! 

 ステレオでCD聴いていて、「この曲ならあの銘柄が合うな」と思うこともあるが、どちらかというとその逆で、あるビールを飲みながら「この銘柄ならあのミュージシャン聞きたいな」となるほうが、さらに「粋」な気がする。その着想の大元には38年前に見た雑誌記事があるのだけど、それは長引くので続きの2回目を次回にやるのでそこで。

 いつも、このビールにはどのアーティストがハマるかな、とイメージして飲むのは、愉しみ方を深めていくと思う。たとえば、ビアパブで友人と飲んでいれば、その場でイメージした曲を聴くわけにもいかないだろうけど、考えておくだけでも、「見立て発想」のトレーニングにもなるはず。自分の知ってる曲だけで考えても十分面白いはずなのでみなさんぜひ!

 僕は音楽のジャンルの好みは、レゲエ、スカ、ラテン全般、ジャズ。ロック、クラシック、昭和歌謡、フォーク、ハワイアン、などまずまず広いほうだと思う。

参考−ブログ最下段<LIKE! LOVE! INTERESTHING!>の真ん中あたりに

 だからというか、「幅広さを感じるくくりに痺れる」という部分が同じで、ベルギービールが好きなのだろう。

 ということで、今回は手始めに、飲んであり未紹介のインプレッション用ストック銘柄から、「ベルギー系」「その他外国系」「国内クラフト系」「メジャー系」の順で4種を、アルバムとマリアージュ。アルバムだと40分もあるので、1銘柄なら何本いるんだよ!というツッコミはナシでひとつ……。

 2本目以降は、ボディがライトですっきり系が多くなったので、若干、音楽のほうもソフト目になっている。またしばらく経ったら、フルボディとかガツンとしたIPAなどでこれやるつもり!

★ちなみに、毎週インプレッションに付けている「女性タレント見立て」は、音楽とごちゃごちゃになってややこしく両方ボケてしまうので(笑)今回はやめておこう。

 では、銘柄とアルバムのマリアージュへ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。