人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.16

親が考える理想のエンジニア、2位は松下幸之助、1位は?

2020年より小学校での「プログラミング教育の必修化」を検討していることが文部科学省より発表された。この発表に対し、子どもを持つ親は何を思っているのだろうか?エンジニア人材サービスのVSNが、小学生以下の子どもを持つ10~40代の男女を対象に、「子どものプログラミング学習に関する意識調査」を実施したところ、小学校での「プログラミング授業」について、約半数が“必要”と回答したことがわかった。

子どものプログラミング学習に関する意識調査

■小学校での「プログラミング授業」、約半数が“必要”と回答

子どもを持つ男女に、小学校での「プログラミング授業」は必要か否かを聞いたところ、48.5%が「必要」という結果になった。その理由としては、「未来のテクノロジーをさらに進化させて欲しい」「小学生の頃から基礎知識を身につけさせたい」などが挙げられた。

子どものプログラミング学習に関する意識調査

子どものプログラミング学習に関する意識調査

■子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることに「賛成」は半数以上

子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることには55.4%が「賛成」と回答。理想とするエンジニア・技術者には、スティーブ・ジョブズ氏らの名前が挙がった。

子どものプログラミング学習に関する意識調査

子どものプログラミング学習に関する意識調査

■子どもが使いこなしているデバイスは「スマートフォン」40.6%、「タブレット」32.7%、「パソコン」17.7%

小学生以下の子どもを持つ男女に、子どもが使いこなしているデバイスを聞いたところ、結果は以下の通り。スマートフォンに関しては、既に4割以上が利用していることがわかった。

子どものプログラミング学習に関する意識調査

小学生の頃、ファミコンなどでデジタルになじんでいる親も多いだろうか、今の子どもたちはさらに上をいき、より高度なことができるスマートフォンやタブレット、パソコンになじんでいる。そんな子どもたちがプログラミングを学べば、日本から将来、世界的な人気を集める製品やサービスを提供するIT企業が誕生するかもしれない。そう考えれば、早期のプログラミング教育は重要だといえる。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:小学生以下の子どもを持つ10~40代の男女計2706名
有効回答数:合計2706サンプル
調査日時:2016年9月12日(月)~9月15日(木)

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。