人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.15

なぜ、アルコールハラスメントは根絶されないのか?

仕事の飲み会の席やプライベートで、お酒を飲む機会がある人は多いのではないだろうか。お酒を飲むときには、マナーやルールを守ることが大切である。

日本法規情報は昨年、同社が運営するウェブサイト『労働問題・労働審判相談サポート』『モラルハラスメント被害相談サポート』『セクハラ・パワハラ相談サポート』『弁護士事務所相談サポート』の運用情報や相談者へのアンケートを元に、「アルコールハラスメントに関するアンケート調査」を実施。その結果を発表した。

「アルコールハラスメント」とは、アルコール飲料に関する嫌がらせ全般を指す言葉で、アルコール類の多量摂取の強要など対人関係の問題や、酩酊状態に陥った者が行なう各種迷惑行為などの社会的なトラブルを指す。今回は、アルコールに関する嫌がらせやトラブルについて調査を行なった。

アルコールハラスメントに関するアンケート調査

■「アルコールハラスメントという言葉を知っている、聞いたことがある」と答えた人は6割

質問:アルコールハラスメントという言葉を聞いたことがありますか
調査の結果、「アルコールハラスメントという言葉の意味を知っている」と回答した人が42%、「アルコールハラスメントという言葉を聞いたことがある」と回答した人が17%、「アルコールハラスメントという言葉を知らない」と回答した人が42%でとなった。アルコールハラスメントはメディアでも取り上げられるようになり、6割近い人がアルコールハラスメントという言葉を認知しているという結果になった。

アルコールハラスメントに関するアンケート調査

■9割以上が「アルコールハラスメントは、絶対に良くない」と考えている

質問:アルコールハラスメントについてどう思いますか
調査の結果、「絶対によくない」と回答する人が94%、「仕方ないときもあると思う」と回答した人が6%となった。アルコールハラスメントは、どんな状況であれ許されないと考えている人がほとんどであるということがわかった。一昔前は、接待の場や社内の飲み会などでのアルコールを強要するケースがあったが、この結果は近年、アルコールハラスメントという言葉や行為の危険性が社会的に認知されてきた結果だと思われる。

アルコールハラスメントに関するアンケート調査

■約半数が「アルコールハラスメントに関わったことがある」と回答

質問:アルコールハラスメントに実際に関わったことがありますか
調査の結果、「強要を見たことがある」と回答した人が25%、「強要されたことがある」と回答した人が25%、「強要したことがある」と回答した人が3%、「関わったことがない」と回答した人が47%となった。約半数以上がアルコールハラスメントを見たり強要されたりした経験があり、良くない行為であることは認識されているが、根絶されていない実情が浮かび上がった。

アルコールハラスメントに関するアンケート調査

■「飲めない人への強要がトラブルになりやすい」という回答が最多

質問:アルコールハラスメントとはどのような場合に当てはまると思いますか
調査の結果、「体質的に飲めない人に強要すること」と回答した人が22%、「未成年や運転手など法律的に飲めない人に強要する」と回答した人が19%、その他、「場を盛り上げるためのイッキ行為」、「酔ったうえでの迷惑行為」、「意図的な酔いつぶし」、「飲めないことをバカにする」があげられた。飲めない人への強要が、アルコールに関するトラブルの大きな原因の一つであることがわかった。また意見が分かれている部分から見ても、アルコールハラスメントには、様々な形態があり、単なるお酒の飲むことへの強要には留まらないことがわかった。

アルコールハラスメントに関するアンケート調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。